留学して感じた、アメリカの好きなところ・嫌いなところ10選

日本人って無愛想。。。

アメリカ留学から帰ってきて、一番最初に思ったのがこれでした。

アメリカ人が本当にフレンドリー過ぎて、それに慣れてしまった結果です(笑)

もちろん住んでいると嫌なところもありますが、やっぱり大好きな国でしたね。

あのフレンドリーで他人との壁を作らないところとか…。

今回は、そんな私が留学して感じた「アメリカの好きなところ・嫌いなところ」についてお話していきます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク




アメリカの好きなところ6選

1.人々がみなフレンドリー

たまにフレンドリー過ぎない?と思うこともありますが、私はアメリカ人のフレンドリーな感じ大好きですね^^

道を歩いているだけで「その服可愛いね、どこで買ったの?」と話しかけてくれたり…。

1人で買い物に出かけても、今日も1日いろんな人とよく話したな…と思うぐらいです。

街中でもバスでもカフェでも、会話ができて楽しかったですねー。

だからこそ、先程お話した通り「日本人って無愛想。。。」となったのですが(笑)

2.映画やドラマ・音楽などのポップカルチャー

アメリカのポップカルチャーはやっぱり最高!

どのエンターテイメントも楽しいものばかりです。

私にとってはディズニーチャンネルドラマがきっかけで、海外が好きになり、英語を学び始めたので思い出深いです。

ほんとアメリカのポップカルチャーに出会わなければ、今の私はなかったと思います。

個人的な話になってしまいましたが、何が言いたいかというと、アメリカのポップカルチャー、最高です(笑)

3.食事がおいしい

あまりイメージにないかもしれませんが、アメリカの食事は意外と美味しいです。

(私がジャンクフードやアメリカの甘いスイーツが、好きだからかもしれませんけど。)

アメリカの料理は多いですが、その代わりどのお店も大抵持ち帰りができます

昼食の残りをそのまま夜にまわせば、節約にもなりますね(笑)

多くのファストフード店では、ドリンクがバイキング形式だったり、ケチャップを自由にもらえるのも嬉しいです。

4.ファッションが自由

アメリカ人のファッションはみな自由。

周りを気にせず、自分に自信を持っているのが現れているんでしょうね。

その考え方、かっこよくて好きですね(笑)

日本のようにキッチリとした格好をしなくてもいい為、私的にはすごく楽です。

ファストファッションもかわいいですし…。

5.パーティー・プロム

本当羨ましい。はい。

女子は皆憧れますよね~。男性陣は面倒だけなのかもしれませんが…。

アメリカのティ―ン映画でよくありますよね。

皆綺麗におめかしして、キラキラしたドレスにメイク。

ハイヒールを履いて、ダンスして。

なんで日本にその文化がないんでしょうか(゜-゜)

アメリカのホストマザーにそのことを言うと、「え、プロムないの?じゃあ何をするの?何もしない?パーティーもなし?嘘でしょ!?」と言っていました(笑)

ないんですよねー。なんでだー!!

6.セール

セールの時期ではなくても、大抵のお店が何かしらのセールを行っています。

いつでもショッピングが楽しめるのは、買い物好きとしては嬉しいですね!

また、これはアメリカに限ったことではないのですが、セールの仕方が日本とは少し違います。

日本では「〇円引き・〇%引き」というようにセールを行いますよね。

しかしアメリカでは「Buy 3 Get 2 (3つ買ったら、2つ無料で貰える)」のようにセールを行います。

(店によって差がありますが)

お得に沢山購入できて嬉しいですよね♪

買いすぎてしまうのが、たまにキズですが。。。



アメリカの嫌いなところ4選

7.チップ制度

これに関しては「面倒くさい」の一言につきますね。

どうせ払わなければならないのなら、最初から含めた値段で書けばいいのに…といつも思います。

観光客の多い所は、大抵がもうすでにレシートに含まれていて楽なんですけど。。。

会計とは別で払うのに、強制だなんて意味が分かりません。

まあ払わなければウェイターは生活できないので、仕方がないと言えばそうなんですけど。

でもやっぱり面倒です。

8.時間を守らない

待ち合わせで遅れるのは普通。

「時間を守る」という文化がそもそも存在していない、と言った方が正しいのかもしれませんが。

日本では「5分前到着」を当たり前として教育されますので、いまだになぜ「遅れても平気なのか」 が理解できません。

文化が違うのでどうにもなりませんし、こちらもそれぐらいの感覚でいるべきなんでしょうね。

9.トイレの不安感が半端ない

アメリカのトイレは、扉があるようでないのも同じ

個室の扉と床が30センチぐらい空いているんですね。普通に足が見えます。。扉だけでなく、隣の部屋との壁も同様です。

更に扉の上もスカスカっで、背の高い人なら頭が見えてしまうのでは?

なんとなく不安ですよね(´・ω・`)

日本に帰ってきた時の、トイレの安心感はすごいですよ。本当に(笑)

10.ちょくちょく出現する、変な人たち

アメリカ人がフレンドリーなのはいいのですが…その度を越した変な人たちがちょくちょく出現します。

例えば、こんなことがありました。

バスの中何やらずっと男性から視線を感じるなあ…と思い、目を合わせてしまったのが運の尽き。

マシンガントークが始まり「君は素敵だ、ぜひこれからも連絡を取りたい」とかなんとかかんとか。

適当に受け流していると、最終的に名前とメアドを書いた紙を渡されました( 一一)

私の隣の席に座っていた女性に「絶対連絡したらダメよ!あの人キモイわ」と言われました(笑)

ってするわけがないでしょ!バスを降りて逃げました。。

中にはバスを降りた後もついてきたとか、買い物中ずっとついてきて、1時間半スーパー内を逃げ回った人も。

怖いし、第一普通に気持ち悪いですよ…。

もちろんこんな人ばかりではないので、安心してくださいね!

まとめ

ということで私なりの「アメリカの好きなところ・嫌いなところ10選」をご紹介させていただきました。

色々書きましたが、私はやっぱりアメリカが好きだなーと思います。

単純に思い入れ深いのもありますが。。。

書いたことは全てあくまで私の意見ですので、ご了承くださいね。

それではまた^^