実際に留学して分かった!イギリス英語とアメリカ英語の違いとは?

イギリス英語とアメリカ英語。

違うと言われているけれど、いまいち何が違うのか分からない…。そう考えている人は意外と多いのでは?

実はこの2つの英語、かなりの違いがあるんです。

発音単語、更には発音の違いまで( ゚Д゚)

ややこしいです…同じ英語だというのに(笑)

ということで今回は、実際にイギリスとアメリカ両方に留学していた私が、イギリス英語とアメリカ英語の違いについてお話していきます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク




発音でのイギリス英語とアメリカ英語の違いとは?

留学前に私が最も苦労したのがこれ。「発音の違い」でした。

細かい発音の違いは言い出したらキリがありません。

ですが1番大きな違いはこの6点。

アメリカ英語

・全体が流れるような感じ。

・子音の前の「R」を発音する。

「T」が消えやすい。

イギリス英語

・単語の1つ1つをしっかり発音する。

・子音の前の「R」はあまり発音しない

「T」をしっかり発音する。

例)What is it?

アメリカ英語 → ワァッ イズ イッ?
イギリス英語 → ワァット イズ イット?

簡単にカタカナにしてしまうと、こんな感じに。

アメリカ英語では「T」が消えていることが、お分かり頂けたかと思います。

また単語をはっきりと発音するイギリス英語は、カタカナ英語に近いと言われています。

日本人が学校で教えられるのはアメリカ英語ですが、イギリス英語の方が聞き取りやすいかもしれません。

と言っても私は、アメリカ英語を聞き取るのは割と得意だったのですが、逆にイギリス英語の独特な発音にはどうしても慣れませんでした

留学前にYoutubeでイギリス英語を聞きまくり、何とか慣れてから行きましたよ(笑)

人によって好みがあるでしょうし、自分の発音は好きな方を選んでOK。

しかしリスニング面では、両方の英語を聞き取れるようになる必要があるかと思います。

単語でのイギリス英語とアメリカ英語の違いとは?

イギリス英語では1階を「Groundfloor」、2階を「First floor」、

アメリカ英語では1階を「First floor」、2階を「Second floor」、

と言うのは有名な話ですよね。

他にも多くの違いがあります。



アメリカ英語、イギリス英語 単語の違い・例一覧

日本語アメリカ英語イギリス英語
エレベーターelevatorlift
映画moviefilm
クッキーcookiebiscuit
会計checkbill
candysweet
フライドポテトfrieschips
休暇vacationholiday
出口exitway out
アパートapartmentflat
地下鉄subwayunderground, tube
片道one-waysingle
往復round tripreturn
高速道路free waymotorway
サッカーsoccerfootball
ガスgaspetrol
消しゴムeraserrubber
幼稚園kindergardennursery school
小学校elementary schoolprimary school
中学校junior high school, middle schoolsecondary school, middle school

思いつくだけでも沢山ありますね(゚д゚lll)

これでもまだまだ一部。あげていけばキリがありません(笑)

とくに私が留学して驚いたのがこの3つです。

日本語アメリカ英語イギリス英語
夜ご飯dinnersupper
気を付けて(電車やバスでのアナウンス)watch your stepmind the gap
また後でsee you latersee you in a while

イギリスに行った時に驚きました(笑)

特に夜ご飯を「supper」と言うのは初耳でしたね。

実際にイギリス人のホストマザーに聞いてみたところ「夜ご飯」と「また後で」の言い方は、よりイギリスらしい言い方だそうです。

(ちなみにどちらもイギリスでは通じます。)

また気を付けて、という言い方の違いも印象に残っています。

よく電車に乗る時の、「足元にご注意ください」というやつですね。

イギリス英語では「隙間に注意を」、アメリカ英語では「足元を見て」と表現されています。

意味合い的には似たようなものですが、イギリスでアメリカ式、アメリカでイギリス式の言い方を聞くことはありませんでした。

スペルでのイギリス英語とアメリカ英語の違いとは?

個人的に一番ややこしいと感じたのが「スペル」の違いです。

イギリス留学中は何度も、書いた作文をスペルミスがあると訂正されました(笑)

先生に聞くと「それはアメリカ英語だよ」と言われましたね(´・ω・`)

私のようにならないよう、皆さんは違いをしっかり覚えておいてください!

アメリカ英語、イギリス英語 スペルの違い・例一覧

日本語アメリカ英語イギリス英語
colorcolour
お気に入りのfavoritefavourite
flavorflavour
名誉honorhonour
中心、真ん中centercentre
劇場theatertheatre
謝るapologizeapolonise
免許licenselicence
モノローグmonologmonologue
気が付くrealizerealise
防御defensedefence
練習するpracticepractise

などなど。

他にもたくさんありますが、特に日常でよく使われる単語をあげさせていただきました。

これだけでも覚えておくと全く違いますよ!

まとめ

ということで今回は、イギリス英語とアメリカ英語の「発音の違い」「単語の違い」「スペルの違い」についてお話ししました。

一口に英語と言っても、かなりの違いがあることがお分かりいただけたでしょうか?

実際のイギリスのネイティブスピーカーでも、「アメリカは好きだけど、英語違いすぎて住みたくない」と話す人までいるほどの違いがあります。

皆さんもイギリス・アメリカに行かれる際は、ぜひ英語の違いを学んでみてくださいね!