エージェント・オブ・シールドの名言&セリフ集(日本語・英語ver)

アベンジャーズ、スパイダーマン、キャプテンアメリカ…。

マーベルの人気シリーズたちのスピンオフ作品として生まれた「エージェント・オブ・シールド(Marbel’s Agents of S.H.I.E.L.D.)」。

今回は、エージェント・オブ・シールドのシーズン1の名言、セリフ(長文から会話文などが中心)を自分用にメモしていたものをまとめてみました。

個人的に英語の勉強用にまとめていたものです。

私と同じく「海外ドラマで英語の勉強がしたい!」という方の参考になればと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク




エージェント・オブ・シールド(Marbel’s Agents of S.H.I.E.L.D.)の名言・セリフ集まとめ

エージェント・オブ・シールド EP1の名言・セリフ

pic

Skye:真実は何十年もの間ある組織に隠されてきた。彼らは私達の中にいる。ヒーローも怪物も。世界は不思議に満ちている。理解を超えた存在に誰もが気づいてる。もう貴方達に隠れる場所はない。不可思議なできことにどう対処するつもり?
(The secret is out. For decades, your organization stayed in the shadows, hiding the truth, but now we know-they’re among us. Heroes… and monsters.
The world is full of wonders… We can’t explain everything we see. But our eyes are open. So what now? There are no more shadows for you to hide in. Something impossible just happened. What are you going to do about it?)

エージェント・オブ・シールド EP1「Pilot / シールド精鋭チーム誕生」より引用

エージェント・オブ・シールドの物語のはじまり。

Phil Coulson : エージェント メイ。(Agent May.)
Melinda May : 断る。(No.)
Phil Coulson : もう聞いてたか。
(So you’ve been briefed?)
Melinda May : 現場には戻らないわ。
(I’m not going back in the field.)
Phil Coulson : 素晴らしい城にいるもんな。堀で囲んだら?仕事はバスの運転。輸送と管理担当だ。戦闘任務じゃない。
(Yeah. You’ve got such a nice set up here. You ever thought about adding a moat? I just need you to drive the bus, liase ground transpo, some on-site supervision. This isn’t a combat op.)
Melinda May : 出る幕無し。
(Then you don’t need me.)
Phil Coulson : あるんだ。少数精鋭でね。選択も決断も自分の裁量。手続き待ちわない。ここが手続きの部屋?初めて知った。…メリンダ。
(I do.’Cause we’ll be running ourselves. Picking the ops… making the calls. No red tape. This is where they actually make the red tape, isn’t it? I always wondered. …Melinda.)
Melinda May : 要望は運転だけ?
(You’re really just asking me to drive the bus?)
Phil Coulson : 要望じゃない。だがいいバスだよ。
(I’m not asking. Butit’s a really nice bus.)

エージェント・オブ・シールド EP1「Pilot / シールド精鋭チーム誕生」より引用

メリンダ・メイの初登場シーン。

最後の「だかいいバスだよ。」というセリフが好き。

Leo Fitz : 気をつけてよ!大事なおねんね銃だ。
(Whoa whoa whoa! Watch it! That’s the night-night gun.)
Jemma Simmons :私の荷物の上にあったし、使えない銃でしょ。
(Well it’s on my stuff and it doesn’t work and there’s no way we’re calling it the night-night gun.)
Leo Fitz : ちゃんと使えるよ!非致死の皮下麻酔があればね。
(The bullets work. Non-lethal, heavy stopping power, break up under the sub-cutaneous tissue…)
Jemma Simmons: 0.1マイクロリットルのテトロドトキシン?私はハーマイオニーじゃないの。そんなのを作るなんて無理よ。
(Oh, with a dose of only .1 microliters of dendrotoxin. I’m not Hermione. I can’t create instant paralysis with that. You should’ve run the spece by me…)

エージェント・オブ・シールド EP1「Pilot / シールド精鋭チーム誕生」より引用

フィッツ&シモンズの登場シーン。

ハーマイオニー!!

エージェント・オブ・シールド、シーズン1では他にも「ホグワーツ」などのワードが出てきます。

みんな大好きハリーポッター。

ちなみに私はトンクス推し。

Skye : 自然にして。(Just act natural.)
Mike Peterson : なんだ?(What?)
Skye : 普通に話してるように。
(Just pretend that we’re talking.)
Mike Peterson : 話してるが。(We are.)
Skye : よかった。誰が聞いてるが分からないから。
(Good. ‘Cause you never know who’s listening.)
Mike Peterson : 君は一体誰だ?
(I don’t even know who’s *talking*.)
Skye : あなたが危険なの。(You’re in danger.)
Mike Peterson : 危険とは?
(What do you mean danger?)
Skye : シールド。(S.H.I.E.L.D.)
Mike Peterson : シールド?盾をもてと?
(Shield what? I should carry a shield?)
Skye : シールド。政府よ。黒スーツ姿の怖い連中が追ってくるわ。
(S.H.I.E.L.D. Government. Scary men in dark suits who come after guys like you.)

エージェント・オブ・シールド EP1「Pilot / シールド精鋭チーム誕生」より引用

ここのダイナーでのスカイとマイクの会話、なんかちょっとかわいくて好きなのです。

Skye :どこから来る?空から?陸から?今度はどうやって私たちを黙らせる?真実は風の中。そこらじゅうにある。ライジング タイドは止められない。居場所も顔も決して明かさない。でも貴方達が真実を隠すなら、私達は絶対に行動をやめたりは…
(How will you come at us? From the air? From the ground? How will you silence us this time? How can you? The truth is in the wind. It’s everywhere. You cannot stopthe Rising Tide. You will not find us. You will never see our faces but rest assures-we will rise against those who shield us from the truth.
And nothing – nothing can stop us in the…)

エージェント・オブ・シールド EP1「Pilot / シールド精鋭チーム誕生」より引用

スカイが演説に熱が入ってきたところでのコールソンとウォードの登場。

いいところ邪魔されたスカイ(笑)

pic

Grant Ward : 尋問の方法は二通り。
(Okay. There are two ways we can do this.)
Skye : 楽しい方法はある?
(Oh, is oneof them the easy way?)
Grant Ward : ない。(No.)

Grant Ward : 何を探してる?
(What were you after?)
Skye : 真実よ。貴方は?
(The truth. What are you after?)
Grant Ward : 世界平和。君みたいなハッカーはかき回すだけ。責任は持たない。秘密にするには理由があるんだ。
(World peace. You pseudo-anarchist hacker types love to stir things up, but you’re never aroundfor the fallout.People keep screfs for a reason, Skye.)
Skye : 貴方は理性的だし…硬い。でも結局は命令には逆らえないたちでは?
(Well, just because you’re resionable…and firm dosen’tmean that you’re not a evil faceless government tool bag.)
Grant Ward : 恋人の名前を教えろ。
(Just give us your guy’s name.)
Skye :恋人じゃない!(He’s not my guy!)
Phil Coulson : 危険なんだ。
(You understand he’s in danger.)
Skye : 私に行かせてよ。このサイバーホーク(T-1000)じゃダメ。
(Then let me go! Let me talk to him. Me, not the T-1000 here.)
Grant Ward : 彼と二人がいいか。
(コールソンに向かって)
Grant Ward : グルーピーですよ。権力が好きなだけ。スターク タワーの前でコスプレするタイプ。
(You wanna be alone with him. Of course. She’sa groupie. All this hacking into S.H.I.E.L.D., tracking powers – She might as well be one of those sweaty Cosplay girls crowding around Stark tower.)
Skye : なんですって?そんなこと…1度だけ。
(What? I would.., It was just onetime.)

エージェント・オブ・シールド EP1「Pilot / シールド精鋭チーム誕生」より引用

スカイがウォードをターミネーターに例えてるのにはちょっと笑ってしまいました(笑)

というかスカイ、スタークタワーの前でコスプレしてたのか…。

何のキャラのコスプレだろう?ブラックウィドウかな。

Phil Coulson : メイ。(May.)
Melinda May : スカイがさらわれた。
(He took Skye.)
Phil Coulson : 大丈夫か?(You’re all right?)
Melinda May : お礼は後でする。たっぷりね。まず彼らを探さないと。
(We’ll deal with that later. At length. Right now we need to figure out where they went.)

エージェント・オブ・シールド EP1「Pilot / シールド精鋭チーム誕生」より引用

お礼は後でたっぷり…といってるメリンダメイがかっこいい。さすが。

エージェント・オブ・シールド EP2の名言・セリフ

pic

Grant Ward : スカイはシールドのエージェントには不適切です。
(Skye, the girl is not qualified to be a S.H.I.E.L.D. agent.)
Phil Coulson : だから彼女をコンサルタントとして招き入れた。スタークの前例がある。
(That’s why I invited her on as a consultant. S.H.I.E.L.D. does it all the time. Technically Stark is a consultant.)
Melinda May : 2人も戦えない子供がいる。それなのに3人目を加えるの?
(We have two kids on this bus who are’t cleared for combat. You’re adding a third.)
Grant Ward : フイッツシモンズは科学者。スカイは違う。我々は人類を守る為集結したはず。ハッカーに出る幕は…
(At least Fitz-Simmons are trained S.H.I.E.L.D. scientists. But Skye? You saidthis was a select them. Assembled to work new cases, to project people. I don’t see how lettingsome hacker tag along…)
Phil Coulson : 反対は想定内だ。決定事項だ。意見は承知した。
(I’m looking for an objectionI haven’t already anticipated. I’m calling this, but you frown will be on record.)

エージェント・オブ・シールド EP2「0-8-4 / 084」より引用

子供扱いのフィッツとシモンズ。。。

まあ戦闘要員ではないもんね。

Skye : いい機体ね。(Sweet ride.)
Phil Coulson : ニューヨーク決戦前の、名誉の負傷に対する、長官の温情だ。
(I earned a little good will from Director Fury when I got hit right before the battle of New York.)
Skye : 撃たれたの?(You took a bullet?)
Phil Coulson : 胸を刺されたんだ。アスガルドの者に。それで休暇とこの飛行機を得た。金に糸目を付けず徹底的に改造したよ。
(Ish. An asgardian stabbedme throuth the heart with Chitauri scepter. The effect was similar. Got a few weeks R&R and this plain. Had it campletelyrefurbished, stund up. Spared no expense.)
Skye : タヒチに行ったそうね。
(Yeah, Agent Ward told me they sent you to Tahiti.)
Phil Coulson : 魔法の国だ。
(It’s a magical place.)
Skye : 聞いたわ。(You mentioned that.)
Phil Coulson : これを。コースターだ。ベルトをしろ。(Here. Use a coaster. I’d buckle up.)
Skye : 行き先は?
(I don’t even know where we are going.)
Phil Coulson : ペルーだ。084が出た。
(Peru. That’s where the0-8-4 was reported.)
Skye : 084って?(And an0-8-4 is?)
Phil Coulson : 未知の物体だ。君みたいにな。有益か危険か調査して見極める。前回は興味深かった。
(Object of unknown origin, kind of like you. Team goes in determines if it’s useful or poses a threat. Last one turned out to be pretty interesting.)
Skye : 何だったの?(What was the last one?)
Phil Coulson: ハンマーだ。(A hammer.)

エージェント・オブ・シールド EP2「0-8-4 / 084」より引用

ハンマーと言えば…例のあの人。

Grant Ward : 教授の車の後だった。銃は?
(Where’s your side arm?)
Melinda May : 必要なら奪う。
(If I need a gun, I’ll take one.)
Grant Ward : そうか。騎兵だもんな。
(Right, I forgot I was working with the cavalry.)
Melinda May : その名前で呼ばないで。
(Don’t ever call me that.)
Grant Ward : すまない。聞いたよ。バーレーンで起きたこと。コールソンに感謝だな。信頼できる仲間ができて…
(Apologize. I’ve heard the stories. What went down in Bahrain. About youin action. You know, it was smart of Coulson to pull you out of retirement.It’s nice to have a trusted friends who has your back.)

エージェント・オブ・シールド EP2「0-8-4 / 084」より引用

騎兵。。。

pic

Phil Coulson : 問題か?
(Do we have aproblem in here?)
Grant Ward : いいえ、意見交換です。現場を知らない者がいて。
(No sir. Just working on our communication. Not everyone was prepared for a firefight.)
Phil Coulson : 全員無事で憲兵隊も救出した。上出来だ。
(We got out, did’t lose anyone, saved a few of theirs. I’d say we did all right.)
Skye : 質問があるんだけど…私が1番新米かと思いきやウォードは仲間の名前もあやふや。科学者2人は銃撃戦にびびってる。まさか初任務?
(Ihave a small question, because I’ve been feeling like the tag-along hayseedrookie, but now I’m getting the sense that Ward doesn’t know which one’s Simmons and which one’s Fitz, and they’ve seen even less gunfire than me and, I’mno rocket scientist but… is this your first mission together?)
Jemma Simmons : とんでもない。2回目よ。
(No, of course not, it’s our second.)
Skye : 私の時が初?素敵ね。
(I was your first? That’s sweet.)
Grant Ward : 楽しいか。(You’re amused?)
Skye : 怖がってるの。不安でいっぱいなのに誰も頼りにならない。私がリーダー格?ジョークだけど。この人達、嫌いあってるから。
(I’m terrified! I am inway overmy head, but I’ve been on this team just as long as any of you. I might as well be team captain. Just jorking. But maybe that’s not a bad idea, because these guys do not like each other much.)
Grant Ward : そういう問題じゃない。僕1人だったら敵を一掃できたのに、足手まといが。
(This isn’t about that. I am a specialist. Today, I could have eliminated the enemy threat if I was working alone, but I had non-combat ready agents…)
Leo Fitz : ちょっと待って、1人では戦ってるつもり?(Whoa, whoa, wait, you work alone?)
Jemma Simmons : 武器を準備したのは?
(It’sso typical. Who do you think designs your equipment?)
Leo Fitz : メンテナンスできる?
(Or the polymers for your weaponry?)
Jemma Simmons : 今度は丸腰で行って。
(Yeah, try going into the field with just your bare bum!)
Skye : ほら言った通り。
(See them proving the points I just made?)
Phil Coulson : もっとチームとしてまとまらねば。ウォードは6カ国語を操る。シモンズは難解な博士号を二つ。フィッツは天才化学者。うまくやれ。
(We still need to iron out the kinks, but Ward you can speak 6 languages, Simmons you have 2 PHD’s in fieldsI cannot pronounce, and Fitz you are a rocket scientist, so work it out.)
Skye : 私も優秀なんだけど!
(I’m… I’m good at stuff too!)

エージェント・オブ・シールド EP2「0-8-4 / 084」より引用

喧嘩するウォードとフィッツ。

最後ちょっと除け者扱いのスカイがかわいそう…(笑)

まあこの時はまだチームメンバーじゃないもんね。




Skye :暴力を肯定してると聞こえたようだけど声を上げると言ったのはツイッターのことよ。
(What I said before, when I said the uprising was…Whatever I said. A good things? I don’t want you to think I’m oblivious. What I was talking about was the tweets.)
Grant Ward : ツイッター?本気か?
(Tweets. Are you trying to make thingsbetter or worse?)
Skye : ペルー人の決起は数十年ぶりよ。社会的弱者がネットで意見を共有して結束した。素晴らしいわ。ライジングタイドを嫌ってるみたいだけど、これが理念なの。
(Peruvians have organized for the first time indecades. Thousands of suffering people who’ve never met uniting over a common idea? It’s mind-blowing. And I don’t wanna bring it up, because I don’t want to see your hate face, but that’s what the Rising Tide is all about.)
Grant Ward : そうか。(Okay.)
Skye : 一人じゃ解決方法は見つからない。でも何百人という人が知恵を持ち寄ればなんとかなる。それって素敵だとおもう。パズルみたいでね。
(Usually one person doesn’t solve the solution,but 100 people with 1% of the solution? That will get it done. I think that’s beautiful, pieces solving a puzzle.)
Grant Ward : 物事の見方が違うだけか。
(You and I see the world differently is all.)

エージェント・オブ・シールド EP2「0-8-4 / 084」より引用

スカイの「一人じゃ解決方法は見つからない。でも何百人という人が知恵を持ち寄ればなんとかなる。それって素敵だとおもう。パズルみたいでね。」というセリフ、素敵なだなあ…。

これをきっかけに団結して戦い、見事敵を倒したのかっこよかったです。

Leo Fitz : 行こう、見逃すよ。太陽まで180日かかるらしい。補助動力装置を使えば早いが急ぐ旅じゃない。
(Hey, come on. You guys don’t want to miss this. Where is it? So it’ll take about 180 days to reach the Sun. Now, yes, of course, it would’ve been faster if they used hydrogen-fuelled APU’s, but they’rehaving fun.)
Skye : 何本飲むき?
(How many of those have you guys had?)
Jemma Simmons : スカイったら。現場に出たらリラックスも必要よ。
(Oh, Skye. It’s important, when in the field, to unwind from time to time.)
Leo Fitz : 死にそうになったしね。
(Yeah, especially aftera hard day of everyone almost dying.)
Jemma Simmons : いつもこうじゃないわよ、今日は例外、特別だったの。
(Which dosen’thappen every day, right? It’s an anomaly. An irregulariy. Not the norm.)
Phil Coulson : 異常と言えば誰が機体に穴を?
(Speaking of not the norm, whose idea was it to blow a holein theplane?)
Skye : メイがドアは与圧で完全に閉じてるって言ったから、私が…
(May said that the doors were tied to the pressurization, so I thought…)
Jemma Simmons : それしかないと私達も思いました。
(So we thought it was the only way to release them.)
Grant Ward : 全員の責任です。
(It was everyone’s idea, sir.)
Leo Fitz : 天才的な案かと。
(Yeah, it was quite genius really.)
Phil Coulson : 見事だ。(Nice work.)

エージェント・オブ・シールド EP2「0-8-4 / 084」より引用

少し仲良くなったメンバーたち。

Director Fury : これは現実なのか?コールソン?
6日だぞ。改造したばかりの飛行機がたった6日で、スクラップ状態に?
(Really?Really, Coulson? SIX DAYS? It only took you six days to take a completely renovated piece of state-of-the-art machinery and turn it into scrap?)
Phil Coulson : 私の責任です。
(My team acted with my authority.)
Director Fury : 責任の話じゃない。この機体はいくらだと思ってる。バーもある。いいバーだ。私の責任でキャンピングカーに変えてもいいんだぞ。
(Authority! Don’t talk to me about authority.
Do you know how much this plane cost? It got a bar! A really nice one. Talking to me about authority. You know, I have the authority to downgrade your ass to a Winnebago!)
Phil Coulson : 覚悟しています。
(I’m aware of that, sir.)
Director Fury : 全て元通りに直すんだ。内装を改装して水槽なんかつけるなよ。
(Well, I want it fixed. Just like you found it.
So don’t have Fitz-Simmons going making modifications, like a, a damn fish tank.)
Phil Coulson : 了解です。(Yes,sir.)
Director Fury : それから、新顔の女は危険だ。(And the new girl, she’s a risk.)
Phil Coulson : 承知です。(I know sir.)
Director Fury : 警告したぞ。ローラは?
(You know, sir. How was Lora?)
Phil Coulson: 無事です。ご心配どうも。
(She’s fine, sir. Thanks for asking.)
Director Fury : 私に責任の話など…
(Talking to me about authority.)

エージェント・オブ・シールド EP2「0-8-4 / 084」より引用

おおおフューリー長官!!!かっけえっっ!!

エージェント・オブ・シールド EP4の名言・セリフ

pic

Skye : 調子どう?フィル。(What’s up, Phil.)
Phil Coulson : 初めに、フィルと呼ぶな。
(I prefer you not call me Phil.)
Skye : 了解、ボスのACにするわ。私のバンが少し恋しくて。時々1人になりたくなるの。
(Okay, you’re the boss A.C. Justmissing my van a bit. Talking a little me time.)
Phil Coulson : いくつか助けて欲しいことが。
(I want your help with something.)
Skye : なんでもやるわ。(Hit mewith it.)
Phil Coulson : 強盗の経験は?
(You ever rob a bank?)
Skye : いいえ。(No.)
Phil Coulson : 車の襲撃。(An armored car?)
Skye : いいえ。(Nope.)
Phil Coulson : カジノは?(How about a casino?)
Skye : 怒っていい?
(Should I be offended?)
Phil Coulson :警備システムが破られ、ダイヤが盗まれた。手を貸してくれ。
(Somebody’sstealing millons of dollars in diamonds. They found a way crack the security systems. I want you to figure out thier exploit.)

エジェント・オブ・シールド EP4「Eye spy / 裏切り者を救え」より引用

思わず噴き出したコールソンとスカイの会話。

コールソンはスカイのことを何だと思ってたんだ(笑)

Skye : 私じゃないんだ。一番弟子よ。…冗談よ、分かってる。シールドのエージェントでもない。
(I’m not so special after all. I’m not your first protégé. Relax, I’m teasing. I know I’mnot a protégé. Hell, I’m not even a real live S.H.I.E.L.D. agent yet.)
Phil Coulson : 君と彼女は違う。アマドールは賢く有能で恐れ知らずだ。
(You two couldn’t be more different. Amador was smart, talented, fearless.)
Skye : 共通点ゼロね。
(Wow, there’s nothing in common.)
Phil Coulson : 最後まで聞け。彼女は独りよがりでチームを軽視していた。それを直そうと厳しく指導したが…厳しすぎたかもな。
(Let me finish. She did’t play well with others. Found little value in teamwork. I thought I could instill those qualities in her, so Ipushed her. Maybe too hard.)
Skye : 暗黒面に落ちたのはその人の責任よ、自分を責めないで。何があったとしても、その道を選んだのは本人だもの。
(Don’t blame yourself because this chick went to dark side. Whatever path she went down, whatever weird stuff she got into, it’s on her.)

エージェント・オブ・シールド EP4「Eye spy / 裏切り者を救え」より引用

最後のスカイのセリフ、かっこいい。

Phil Coulson : 保護せねば。
(We have to bring her in.)
Melinda May : 排除よ。兵器だもの。本部に連絡して、機動部隊を要請するわ。
(We have to take her out.She’s a weapon. I’ll call HQ, see if we can bring a task force in to help us.)
Phil Coulson : 我々でやる。
(Our team can handle this.)
Melinda May : 責任を感じる気持ちは分かる。もしかしたら貴方は彼女に厳しすぎたのかもしれないわ。でも、彼女は私達のチームの3人を狙った。
(I get it. Youfeel responsible. Maybe you pushed her too hard. But she tried to kill three members of our team.)
Phil Coulson : 全員無事だった。
(If she wanted us dead, we’d be dead.)
Melinda May : 運よ。また皆を危険に?
(We got lucky. You wanna risk our lives again?)
Phil Coulson : 君は戦う覚悟があると。
(You told me you were ready for combat. That you had my back.)
Melinda May : 二言はない。でもチームを犠牲にして彼女を?
(Don’t ever doubtit. But you are defending this girl at the expense of the team.)
Phil Coulson : 仲間は守る。
(Because we protect our own.)

エージェント・オブ・シールド EP4「Eye spy / 裏切り者を救え」より引用

ママとパパがちょっとした喧嘩を。。。

Grant Ward : 助けて。(Help.)
Skye : ごめん、”助けて”って言った?さっきは無用だと。
(Did you say, “help”? Because a minute ago, you said you didn’t want or need my help.)
Grant Ward : マタ・ハリみたいに誘惑できるか。…殴ってくる。
(That was before they asked me to go all MataHari on this guy. I’m just gonna knock him out.)
Skye : 待って、待って。次のドアへ行くには彼が必要になるのかも。指令は”誘惑”よ、”殺せ”じゃない。
(Ward, wait. We may need him to get through the next door. Remember, it said seduce, not kill.)
Grant Ward : 僕は彼のタイプじゃない。
(I don’t think I’m his type.)
Skye : 見せて。ダサい髪型に不精ヒゲ。貴方と同じ部類ね。友情コースで攻めて。スポーツ、ウォッカ…女の話題をにこやかに。にこやかにできる?死んじゃダメ。
(Let me see. Cheap haircut, Five o’clock shadow. Nope, odds are you guys play for the same team. You’re gonna have to bromance him. Talk sports. Vodka.The Victoria’s Secret catalog. Be friendly, Agent Ward. Can you be friendly? Please don’t die.)

エージェント・オブ・シールド EP4「Eye spy / 裏切り者を救え」より引用

「誘惑しろ」との命令がきて、思わずスカイに助けを求めるウォード(笑)

Phil Coulson : お邪魔だったかな。
(Are you still needing your you time?)
Skye : ACはいつでも歓迎。乗って。
(There’s always room for A.C. Slide on in.)
Phil Coulson : “エージェント コールソン”や”コールソン”と普通に呼べないか?
(What’s wrong with “Agent Coulson” or just “Coulson”?)
Skye: いいわよ。”AC”の方がかっこいいけど。貴方かっこいいし。第二のチャンスを与える人は少ない。
(Nothing, I guess. A.C.’sjust way cooler. ‘Cause you are. Cool. Not many people would’ve made that call. Give Amador a second chance.)
Phil Coulson : 私はもらった。人にも与えるのがフェアだろう。いい場所だな。
(I got one. Seems onlyfair I extend the same opportunity to others. I see why you like it in here.)
Skye : ええ。車での生活が懐かしいわ。物乞いに来る人には悩まされたけど。ここは安心。すぐ近くに頼りになる仲間がいる。どんな時もね。
(Yeah. It’s kinda like my van. Without all the bums trying to break in. I don’t miss that. It’s more peaceful here. It’s also cool knowing that someone has my back. No matter what.)
Phil Coulson : 安心してくれ。
(Peaceful’s good.)

エージェント・オブ・シールド EP4「Eye spy / 裏切り者を救え」より引用

ちょっと親子みたいなかわいい会話。

エージェント・オブ・シールド EP6の名言・セリフ

pic

Phil Coulson : 聞いてくれ。私は経験者だ。だから信じて欲しい。恐れる必要はない。
(Listen to me. I’ve been where you are right now. So please believe me when I tell you, you don’t have ti be afraid.)
Fireman : 何の事だ?
(What are you talking about?)
Phil Coulson :君の仕事は危険を伴うはずだ。私も同じ。1度大怪我を負った。そして死んだ。8秒間と言われるがそれだけじゃない。私はここじゃなく確かに向こうにいた。
(Yourjob. It gets pretty dangerous, dosen’t we? I got hurt once – pretty bad. And, I died. Some say it was for only eight seconds, but I know it was for more than that. I know I wasn’t here anymore. I was there.)
Fireman :どんなところだ?(What’s it like?)
Phil Coulson : 綺麗だよ。(It’s beautiful.)

エージェント・オブ・シールド EP6「FZZT / 宙に浮く死体」より引用

あ、あれ、目から鼻水が…。

Skye : 最悪の気分。自分が…
(I hate this. I just feel so…)
Grant Ward : 無力で。(Helpless.)
Skye : そう。(Yeah.)
Grant Ward : なぜ人間じゃないんだ。例え特殊な能力があろうと鉄挙を食らわせてやれる。それが俺のできることだ。だが、見えない敵や理解できないものからはお前達を守れない。
(I wanted it to be a person, some super-powered psychopath – someone I could hurt, someone I could… punish. That Icould do. What I can’t do is protect you guys from stuff
I can’t even see or understand.)
Skye : どうすれば?(So what do we do?)
Grant Ward : 時を待ち…準備しておく。
(We wait…and get ready.)
Skye : 何を?(Ready for what?)
Grant Ward : 必要な時動けるように。
(For whatever it is we’re called upon to do.)

エージェント・オブ・シールド EP6「FZZT / 宙に浮く死体」より引用

シモンズの危機に、何もしてあげることのできず無力感を感じるスカイとウォード。




Phil Coulson : 誤解するな。私は心から喜んでる。だがチームのためとはいえ… このような勝手は許されない。海から引き上げるのもモロッコと揉めた。もう二度もバカな事はするな!…君を失いたくない。
(Don’t get me wrong! I’m happy you’re both alive. Truly. And I realize you were trying to save the team.But what you did today, that was not your call. Just getting you out of thewater, do you have any idea what a pain it is dealing with the Morocan office? Don’t you ever pull a stunt like that again! We’d hate to lose you, Jemma.)
Jemma Simmons : 感謝します。(Thank you, sir.)

エージェント・オブ・シールド EP6「FZZT / 宙に浮く死体」より引用

シモンズを大切に思っているからこそ怒るコールソン。

Melinda May : 彼女の健康診断書?
(That her medical report?)
PhilCoulson : 私のだ。実はな。血液検査の結果は正常だ。鉄分が多いが。アイアンマンとは呼ぶな。
(Mine, actually. Blood work finally came back. I’m perfectly normal – little heavy on the iron. But don’t worry – you don’t have to start calling me Iron Man.)
Melinda May : その計画はない。
(Wasn’t planning on it.)
Phil Coulson : 検査は要請されてない。私が頼んだ。でも君は気付いてるだろう。この紙切れは何も問題ないと言ってる。だが…そう思えない。何かが違う。
(My doctors never requested any tests.  I ordered them for myself, but you knew that. This piece of paperis telling me that everything’s fine. ButI don’t feel fine. I feel different.)
Melinda May: シャツを脱いで。
(Take off your shirt.)
Phil Coulson : 何だって?(Excuseme?)
Melinda May : シャツよ。ボタンを外して。
(Your shirt. Unbutton it.)
(シャツのボタンを外すコールソン。メイは傷を見ながら話します。)
Melinda May : 8秒だとしても貴方は死んだ。そんな経験をして変わらないはずがない。私の時は…
(Whether it was 8 seconds or 40, you died. There’s no way you can go through atrauma like that and not come out of it changed. You know how long it’s taken me to…)
Phil Coulson : 知ってる。(I know.)
Melinda May : こうした出来事は私達に教えてくれる。もう戻れないと。前に進むだけ。違うと感じるのは変わったからよ。
(The point of these things is to remind us that… There is no going back, there’s only moving forward. You feel different because you are different.)

エージェント・オブ・シールド EP6「FZZT / 宙に浮く死体」より引用

メイがコールソンをアイアンマン呼んでたらそれはそれで面白そう。。。全く想像できないけれど(笑)

pic

Leo Fitz : 飛ぼうとしたんだ。
(And I was going to do it.)
Jemma Simmons :知ってるわ。
(I know you were.)
Leo Fitz : 血清を持ってパラシュートを…
(I had the anti-serum, the chute, everything. I just could’t get the straps on.)
Jemma Simmons : フィッツ。(Fitz, please.)
Leo Fitz : ジェームズボンドみたいな救出劇はできなかったけど…
(And maybe I could’t have done the whole James Bond in-mid-air type of thing…)
Jemma Simmons : フィッツ、黙って。聞いて。確かにウォードは素敵。でも一緒に坑血清を作ってくれたのも希望を与えてくれたのもウォードじゃない。貴方よ。貴方はヒーロー。
(Fitz, shut up. Please, just…Ward did an amazing thing, yes. But it was Ward by my side in that lab, searching for a cure. It wasn’t Ward giving me hope when I had none. It was you. You’re the hero.)
Leo Fitz : 本当?(Yeah.)
Jemma Simmons : そうよ。ありがとう。
(Yeah. Thank you.)

エージェント・オブ・シールド EP6「FZZT / 宙に浮く死体」より引用

うん、フィッツはヒーロー。

最後ちょっと嬉しそうなフィッツが可愛かったなあ。

エージェント・オブ・シールド EP9の名言・セリフ

pic

Tobias : 彼らから君を守りたかったんだ。そして自分の罪滅ぼしをしたかったんだ。ハンナ、お願いだ、俺を許してくれ。地獄には行きたくない。
(I was trying to protect you from them, trying to atone from my sin. Hannah, please, maybe if you forgive me, I won’tgo to hell.)
Hannah Hutchins : 貴方を許せるのは神だけよ。(Only God can forgive you.)
Melinda May : 許されないわ。行いは消えない。罪は永遠に背負う。この世に未練を残して、大切な人に執着する事が地獄よ。しかもそこに彼女を引きずりこむつもりなの?もう行きなさい、私の仲間に強制的に消される前に…彼女を大切に思うなら解放しなさい。ドバイアス。彼女を自由にしなさい。
(And he won’t. You can’t undo what’s been done,that will be with you forever. But trying hold to this life, clinging to the person you thought could be,that’s hell. And you’re dragging her down withyou. You have to let go. Before my people come and make you do it. If you care about her, and I know you do, let her go. Let the girl go, Tobias. Let the girl go.)

エージェント・オブ・シールド EP9「Repairs / テレキネシス」より引用

メイがいうとさらに重く感じる。。。

エージェント・オブ・シールド EP12の名言・セリフ

pic

Skye : 勇者の壁だ。(The Wall of Valor.)
Grant Ward : 知ってたのか。
(So you’ve read about it.)
Skye : シールドには殉職者の記念碑がどの施設にもあると。シールドの歴史ね。…バッキーバーンズか。
(Every S.H.I.E.L.D. facility has a memorial to the agents lost in the line of duty. S.H.I.E.L.D.’s history can be traced on walls like this.”Bucky” Barnes.)
Grant Ward : 使命感を呼び起こす。
(Puts it in perspective, what we do.)
Skye : 誇らしいでしょうね…歴史を作る一員になれるなんて。…私は仲間入りできない。ひがみじゃないの。皆正々堂々とシールドに入った。私は脇道から。ズルした気分。
(Must make you guys proud. All this history. Just wish I was a part of it. It’s not self-pity, really. I’m just saying, everyone here has earned this. They deserve it. I hacked my way in. Feels like I cheated.)
Grant Ward : 大切なのは義を貫く勇気。コールソンは見抜いてた。
(All you need to join is a dedication to the greater good. Coulson saw that in you the moment he met you.)

エージェント・オブ・シールド EP12「Seeds / シールド・アカデミー」より引用

コールソンは最初からスカイの素質を見抜いていたんだね。

pic

Phil Coulson : 自害しようなんてどういうつもりだ。
(Cyanide? What did you think we were gonna do to you?)
Richard Lumley : 同じ運命かと。
(What they did to her.)
Phil Coulson : エイブリーと?
(Agent Linda Avery?)
Richard Lumley : 彼女だけじゃない。当時中国の湖南省で、084が発見された。
(She wasn’t the first one to die. We were headed into the Hunan province of China. A senior agent had called in an 0-8-4. An object of unknown origin.)
Phil Coulson : 未知の物体だな。我々も経験ある。
(We’ve dealt with thosebefore.)
Richard Lumley : 084を守った村は全滅した。私とエイブリーはまだアカデミー出たてで、後方支援をしていた時、潜入班と連絡が途絶えた。捜索に行くと、橋の下で上官を見つけた。首を撃たれながら必死に逃げて、084の赤ん坊をしっかり抱きしめいた。赤ん坊も血だらけで…命はないかと。実際は眠っていたんだ。死んだ上官の腕でな。
(He saidthe entire village had died trying to protect this one. Avery and I were just fresh out of the Academy. And there was five of us just running the back end, until we lost communication with the first team. We went searching. We found the senior agent under a bridge. He managed to escape with a gunshot wound to the neck, but he bled out. Hewas still holding on to the 0-8-4. Poor thing was covered in blood. We thought she was dead, too, but sh-she was just asleep in the dead agent’s arms.)
Phil Coulson : 赤ん坊?女の子が084なのか?(The baby? The girl was the 0-8-4?)
Richard Lumley : パワーがあるときいた。
(Is she had powers or something, we never witnessed it.)

Melinda May : その子は… (That girl…)
Richard Lumley : 言わなくていい。あの子の事は知りたくない。1つだけ。安全なのか?
(Don’t tell me a damn thing about her.
I don’t wanna know. You understand? Just tell me… Is she okay?)
Phil Coulson : 安全だ。(She’s safe.)
Richard Lumley : それだけでいい。報われたよ。
(Then maybe it was all worth it.)

エージェント・オブ・シールド EP12「Seeds / シールド・アカデミー」より引用

スカイの過去に何があったのが、真実に辿り着いたコールソンとメイ。

pic

Melinda May :スカイが1人にしてくれって言ってたわ。貴方彼女に言ったんでしょ?
(Skye requested a moment alone on campus. You told her, didn’t you?)
Phil Coulson : 言ったよ。(I had to.)
Melinda May : 彼女傷ついたでしょうね。
(Must have destroyed her to hear all that.)
Phil Coulson : それが違うんだ。私は彼女の夢を壊した。探し求めていた過去は
殺りくの記録だと伝えてね。希望を失ってもおかしくないが…自分の物語もこれで終わりだと。しかし、彼女なんて言ったと思う?
(That’s the thing about Skye. What I told her shattered her world.Her life long search led to stories of murder, and now it’s too difficult to continue. Her search is over. Her story ends here. But you know what she said?)
Melinda May : 教えて。(Tell me.)
Phil Coulson : 彼女は違うと言った。自分の世界はこれから始まると。小さい頃ずっと里親の所をたらい回しにされていて、自分は誰にも求められていないと思っていたが…だが実際は自分はずっとシールドに守られていた。こう言っていたよ。 “家族はずっとそばにいた”と。
人間不信に陥りそうな事実を受け止めて、彼女は私の心まで癒してしまった。世界は悪意や嘘、苦しみ、死に満ちている。逃げずに向き合うしかない。問題は試験が訪れた時にどうするか、どんな人になるかだ。
(She said no, her story started here. Her whole life, she thought she wasn’t wanted, that she did’t belong. That every family that took her in did’t want her to stay. Did’t care. But all that time, it was S.H.I.E.L.D. protecting her, looking after her. That’s what she took away from the story. Not the family she’ll never have, but the one she’s always had. Here I am, telling her something that coulddestroy her faith in humanity, and somehow she manages to repair a little piece of mine. The world is full of evil, lies, pain, and death and you can’t hide from it. You can only face it. The question is when you do, how do you respond, who do you become?)

エージェント・オブ・シールド EP12「Seeds / シールド・アカデミー」より引用

「The question is when you do, how do you respond, who do you become?」

一生の問題かな。

エージェント・オブ・シールド EP15の名言・セリフ

pic

Lady Sif : どんな魔法?貴方はロキの手で滅んだはず。
(What dark magic is this? Thor said you perished at the hand of Loki.)
Phil Coulson : その通りだ。しばらくの間だが。人を欺くのはロキだけじゃない。シールドも欺く。
(And he was right. For awhile, anyway. But Loki wasn’t the only one with some tricks up his sleeve.Turn out S.H.I.E.L.D. had a few of their own.)
Lady Sif : ソーが喜ぶわ。友だと言っていた。
(Thor will be pleased to hear it. He considers youa friend.)
Phil Coulson : 同じ気持ちだ。友には直接話させて
くれ。人を探しているんだって?
(I feel the same. Which is why I’d prefer he hear it from me, if that’s okay. I understand you’re looking for someone?)
Lady Sif : 女よ。ローレライ。この女は600年前9つの世界を混乱に陥れ、軍隊を率いて国や帝国を滅ぼした。
(I am hunting her. Lorelei. 600 years ago, sheused her powers to wreak havoc across the NineRealms. To command armies, bring down kings, empires. )
Grant Ward : 滅ぼしたって何を使って?パワー?スピード?
(What kind of powers are we talking about? Strength? Speed?)
Lady Sif : 妖術。男を思いのままに操る能力を持っている。
(Sorcery. She bends and shapes the will of men for her own purposes.)
Melinda May: 男だけ?彼女パワーは女には効かないの?
(Only men? Her powers don’t work on women?)
Lady Sif : ええ。男には女にはない弱さがあるから。
(No. Men have an inherent weakness we do not share.)

エージェント・オブ・シールド EP15「Yes Men / ローレライの罠」より引用

シフは特にお気に入りだったので、エージェント・オブ・シールドへの登場は嬉しすぎる。

かっこいいなあ…。

メイはもちろん、シフ、エージェントロマノフとか戦える男勝りな女性ってかっこいいよね。

pic

Jemma Simmons :あの…ちょっといいですか?GH325の件です。
(Sir, may I have a moment? It’s about the GH-325.)
Phil Coulson : 何か分かったか?
(Have you found something?)
Jemma Simmona : いいえ。材料不足で壁にぶつかっています。そもそもあの薬の特性自体が私には未知の物で…
(No. I’ve hit a wall because of my limited resources. The drug’s chemical properties are foreign to me, which is startling in its own right.)
Phil Coulson : それはもう聞いた。
(We’ve been over this.)
Jemma Simmons : だからもう一度お願いします。血液を本部に送って分析を。
(So I’m requesting, once again, to send a sample of Skye’s blood to H.Q.for further study.)
Phil Coulson : それはダメだ。
(That’s not an option.)
Jemma Simmons : なぜ?この薬がどれだけ役に立つかは貴方自身が1番分かってるはずでしょう?
(Why? I don’t need to explain to you the benefits of this drug. You’ve experienced them first-hand!)
Phil Coulson : ダメだ。これは命令だ。
(No. That’s an order.)
Jemma Simmons : そんな答えじゃ納得できません!命令に従うのは部下としての義務ですけど、私にはシールドの科学者としての義務もあるんです!実用化すればどれだけ多くの命を…
(That’s not a good enough reason! I have a duty toyou, sir, as my commanding officer, but I also have a duty as a S.H.I.E.L.D. scientist to pursue this, to save lives. Given Ward’s recent situation…)
Phil Coulson : あの薬が置かれていた施設は2人の男が自爆を覚悟で守ってた!理由はわからない。長官から何らかの答えを引き出せるまであの薬の件は口外するな。任務に集中しろ。今はウォード達の居場所を突き止めるのが先だ。
(Two man laid down their lives in a compound rigged with explosives to keep this drug hidden. Westill don’t know why. Until we do, until we speak with Fury and get some answers, that drug and its mysteriesstay in-house. Focus on the mission. Lorelei has Ward. And we have no idea where she’s taking him.)

エージェント・オブ・シールド EP15「Yes Men / ローレライの罠」より引用

GH-325についてすれ違うコールソンとシモンズ。

Skye : その顔知ってる。また腰抜かすような話するんでしょ。
(I know that face, something gives me a feeling I should besitting down for this.)
Phil Coulson : はぁ…ずっと悩んでたんだ。一体君になんと説明すればいいのかと。何とか上手く納得の行くように。でも答えは出なかった。その…我々の命を救った薬の件だが…あの薬を手に入れた施設であるものを見つけた。薬の原料だ。それはエイリアンだった。
(I’ve been looking for a way to tell you this,looking around for some answers, something to help… explain… but I don’t have any. So… the drug, the one who saved us both – when we found it, I discovered something else. Its source. It was… alien.)
Skye : エイリアンって、いわゆる…よその星の人?(A-Alien, as in… unfamiliar?)
Phil Coulson :そうだ。(No.)
Skye : すごい。(Wow.)
Phil Coulson : それを知って、すぐ投与を止めようとしたが間に合わなかった。本当にすまないスカイ。
(The minute I learned what it was, I tried to keep them from injecting you with it, but I was too late. I’m so sorry, Skye.)
Skye : 助けようとしてくれたんだから…結果助かったんだし…
(You were trying to save my life. You did save my life.)
Phil Coulson : 君を助けたい一心で効果も副作用も分からない未知の薬を与えてしまった。
(I was desperate to, and I subjected you to unknown ramificationsor side effects.)
Skye : あのこんな言い方したら悪いんだけど…だから何?お互い生きてる。しかも貴方なんかもうだいぶ経つのに元気だし。お尻に尻尾が生えてきたわけでもないんだからいいんじゃない?
(I’m sorry to say this, sir, but… so what? Weare alive. And you’ve had that in you, uh, for some time now, and you’re okay, right? Plus, you’re not sprouting a pointy tail or anything, so bonus there.)
Phil Coulson : いくら君でももう少し驚いたらどうだ。何が起きてるか分かってないんだぞ。
(I know nothing fazes you, but this should faze you. We are completely in the dark on this.)
Skye : もともとそうでしょ?私は”084″なのよ、何者?って感じ。でも仲間がいてくれる。
(That’s where we live. I’m an 0-8-4. Who knows what the hell that means? At least we’re in the dark together.)
Phil Coulson : そうだな。だがこのままにはしない。規律やルールに縛られてきた私だが、そんなものもうどうだっていい。山積みになっている疑問をこれから我々で1つずつ解明して行くぞ。
(Yes. But not for long. To hell with any protocols or any code I used to bound by. We have along list of questions we need answers for, and we’re going after them ourselves.)
Skye : チームの皆さえ良かったら…
(Well, if the team’s up for it…)
Phil Coulson :いや、よく聞け。彼らを信頼しているがこの件には巻き込まない。フューリー長官はこの件を徹底的に隠してた。組織にまで嘘をついてまで。ただの秘密じゃない。人が死ぬほどの秘密だ。真実がわかるまで他の誰にも言わない。お互いの安全のために。
(No. No, listen to me. I trust them, but we need to protect them from this. Fury went to dangerous lengths to keepthis under wraps – lied to me, lied to S.H.I.E.L.D. This is a powerful secret, a secret men died for. Until we know why, we can’t share this with anyone, for their safety and ours.)
Skye : 分かった。で、どうするの、AC?手始めは?
(Got it. So what’ll it be, A.C.? What do we goafter first?)
Phil Coulson : 君をこんな風に遭わせた奴に会う。そして償わせる。
(The person responsible for this. And we make him pay.)

エージェント・オブ・シールド EP15「Yes Men / ローレライの罠」より引用

スカイはポジティブだなあ…。

エージェント・オブ・シールド EP16の名言・セリフ

pic

John Garrett : 挨拶がまだだったな。ジョン ギャレットだ。
(You know, we haven’t offcially met. John Garrett.)
Skye : 前回は意識不明で会った事になりませんよね。
(I guess lyingunconscious on a gurney really should not count.)
John Garrett : その後どうだ?
(How’re you feeling?)
Skye : 回復してます。順調に。
(A lot better, actually.)
John Garrett : 俺も2発に撃たれた事ある。背中と肩。喉を切られた事もある。だが1番きつかったのは3度の大火傷だった。焼けた所は痛くないんだ。意外だが神経まで焼けちまったんだ。ただしその周りは…えらくうずく。それでも腹を撃たれるよりマシだ。
(I’ve been shot a couple times myself. Back, shoulder. Had my throat cut once. But you know the toughest one? Thing about a third-degree burn, the burn itself doesn’t hurt at all. Crazy, right? The nerve endings get all fried. But the area around the burn? Thatsmarts. Still, gun shot’s the worst.)
Skye : 私を助ける為に危険を犯して下さったんですよね。感謝してます。
(Sir, I know what you did for me. How you risked your life to save me. So, thank you.)
John Garrett : チームに感謝するんだな。俺はただ付いて行っただけだ。
(You gota good team around you. I just jumped on the bandwagon.)
Skye : でもチームの1人を育てた。
(Well, you trained one of them, sir.)
John Garrett : 運命ってそういうもんだろ。俺がウォードを育てあいつが君を。巡り巡って育てる側も成長する。君もウォードを変えた。前のあいつとは大違いだ。
(Guess it all comesfull circle. Ward’s your S.O.
I washis. Turn, turn, turn. But this S.O. thing gose both ways. You’ve had a big impact on him. He’s diffrent than I remember him.)
Skye : どう変わりました?(Diffrent how?)
John Garrett : 特殊工作員っていうのは基本1人で動く。でもこのチームに入ってからのウォードは任務だから戦うんじゃなく “何かのため”戦っている。あるいは”誰か”。そういう事だ。これどうもな。
(Well, the tough thing about being a specialist is being alone. A team gives you a whole new perspestive. Guess it’s the diffrence between fighting against something and fighting for something. Or someone. Ward’s got that now. Thanks forthis.)
John Garrett : それとスカイ、敬語はやめろ。
お互いエージェントだ。君と同じな。
(And, Skye, lose the “sir”. I’m a S.H.I.E.L.D. agent, just like you. )

エージェント・オブ・シールド EP16「End of the Beginning / 始まりの終わり」より引用

ギャレット…。

エージェント・オブ・シールド EP17の名言・セリフ

pic

Leo Fitz : ヒドラは第二次世界大戦後に絶滅したはずです。
(I thought HYDRA was defeated after Would War ll.)
Phil Coulson : そうだ。シールドの創設前にな。
(It was S.H.I.E.L.D. was founded in the wake of that victory.)
Leo Fitz : なのに復活?(And now they’re back?)
Phil Coulson : “ヒドラ”っていうぐらいだから頭を切り落としてもまた2つ生えてくる。
(HYDRA always comes back. Cut off a head, two more willtake its place.)
John Garrett :頭か?脚だと思ってた。
(Is it a head? I thought it was alimb.)
Leo Fitz : いやいやいや、頭ですよ。
(No, no, no, it’s a head.)
Phil Coulson : 頭だ。(It’s a head.)
Skye :でもシールドの内部から発信されているからシールドに潜んでるヒドラメンバーに対する合図かもしれない。
(But it was sent from a S.H.I.E.L.D. source. It’s got to be some sort of activation signal to HYDRA members within S.H.I.E.L.D.)
Phil Coulson : ハンドもその1人だ。
(Hand must be one of them.)
Leo Fitz : 待って。ちょっと…という事はシールドは終わりですか?
(Okay, stop, stop.What dose that mean? In S.H.I.E.L.D.?)
John Garrett : レベル8のエージェントまで巻き込まれてるとなると腐敗は深刻だ。
(Targeting Level 8agents, seizing power. Wonder how deep it goes.)
Skye : 信号は組織全体に送られてる。
(This signal is everywhere. Deep.)
Phil Coulson : という事は?
(You know what this means?)
John Garrett : そう。かなりやばい。
(Yeah, we’re screwed.)

エージェント・オブ・シールド EP17「Turn, Turn, Turn / 疑いの連鎖」より引用

ついにヒドラとの闘いがスタート。

Phil Coulson : じゃあ全部話せ。長官はいないし味方から攻撃されてるんだ。
(Then come out with it. Fury’s gone and we’re being shot atby our own people.)
Melinda May : 長官は私があなたのチームに入るのを見越して観察を命じたの。
(Fury knew you’d want me to join up, asked me to keep an eye on you.)
Phil Coulson : 何の観察だ。(Looking for what?)
Melinda May : 体や心に問題が出た時は報告するようにってそれだけの事よ。
(Signs of physical or mental deterioration, tokeep him updated. It’s that simple.)
Phil Coulson : タヒチの事も知っていたのか。よくも黙ってたな。私と君はアカデミー時代からの付き合いだろう。
(Did you know about T.A.H.I.T.I.? How could you do that to me? After all we’ve been through, the years we spent together in ops…)
Melinda May : 絶対に知られるなと言われたの。
(He said it was essential you couldn’t know.)
Phil Coulson : バーレーンでは修羅場を共にしたた仲間じゃないか?このチームを作った時君にチャンスを…
(The time I spent sifting through ashes with you in Bahrain? I gave you a second chance when I assembled this team…)
Melinda May : チームを作ったのは私よ。
(I assembled this team.)
Phil Coulson : 何だと?(What?)
Melinda May : 必要な条件を私が決めて、長官に伝えたの。そして長官はそれを貴方に選ばせた。
(I evaluated what was needed, and I gave the assessment to Fury, and he gave you parameters for your unit.)
Phil Coulson : 必要な条件って?
(What was needed, May?)
Melinda May : 貴方の体を治せる者、脳をプログラムし直せる技師、必要な時は躊躇わずに貴方を殺せる工作員。でも、私は長官の為に働いていたんじゃない。全ては貴方を守る為。大切な人だって…気付いたの。貴方が死んだと聞いた時。信じてくれなくても本当よ。クレアボヤントやヒドラとは何の関係もないわ。もちろんこの状況とも。この傷が何よりの証拠でしょ。
(Someone who could repair your body, a technician who could reprogram your brain, and a specialist to help me put you down if ithad to be done. But I didn’t do it for Fury. I did it for you, to protect you! I – You mean a lot to me. A lot. To hear you were dead… you may not believe me, butthat’s the truth. And I have nothing to do with The Clairvoyant or this HYDRA threat we’re up against. Hopefully thishelps prove that.)
Phil Coulson : 信じたいが…その信頼に君はつけ込んだんだ。
(I want to believe you… But you’ve used that against me this whole time.)

エージェント・オブ・シールド EP17「Turn, Turn, Turn / 疑いの連鎖」より引用

メイ推しの私は、この辺からしばらくコールソンに怒ってました(笑)




John Garrett : ハンドがそう仕向けたからだろ。フィル、これはシールドの精神を守る戦いなんだぞ。今日という日は歴史に残る。
(Because she wanted us to! Phil, this is a battle for S.H.I.E.L.D.’s soul, and we’re on the front lines. History will remember us this day.)
Phil Coulson : だからこそだ。シールドの精神では安易に人を殺すなんて考えられない。
(That’s right. It’s for S.H.I.E.L.D.’s soul. And murder without consideration is a sure…)
John Garrett : 誰も安易に殺せ何て言ってない。部下の1人は車に爆弾を仕掛けられて殺された。2人はホテルのプールに浮かんでるのが見つかった。
(“Consideration”? Consider this. She had one of my men killed with a bomb rigged to his gas pedal. The other two were floating in the hotel pool, and they weren’t doing the backstroke.)
Melinda May : 殺さずにアイサーを使えば?
(But we can just as easily ice her.)
John Garrett : 眠らせるだけじゃ生ぬるい。あいつはスカイの腹に穴を開けたんだぞ。ただの気まぐれでだ。マイク ピーターソンは生きたまま焼かれた上、怪物に変えられた。お前も拷問されたろ。花柄のドレスの女が洗脳されたのと同じ機械を使ってな。多分今頃シモンズが同じ目に遭ってる。これは考えた上での結論だ。
(You don’t put someonelike her on ice. She had Skye shot in the stomach – in the stomach – because she was curious. Mike Peterson – burned alive and turned into some kind offreak. She tortured you, using the same machine she used to brainwash that bitch in the flower dress. And right now, she’s probably doing the same to Agent Simmons. Oh, I’ve considered it, my friend.)
Leo Fitz : いいえシモンズは大丈夫です。
(No. Simmons will be fine.)
John Garrett : 現実的に考えろ。
(Just being realistic, kid.)
Phil Coulson : 話をした覚えがない。
(I never mentioned that.)
John Garrett : 本当ならハンドを拷問したいところだ。
(I’m telling you, killing her quick would bemercy.)
Phil Coulson : あの機械をレイナが経験していた事は誰にも話した事はない。
(I never said Raina hadbeen inside the machine. I never told that to anybody.)
John Garrett : じゃあ報告書で読んだんだろう。
(I must’ve read it in a report, then.)
Phil Coulson : あそこにいたんだな。
(You weren’t with us.)
John Garrett : とにかくこれ以上犠牲が出る前にハンドを仕留めよう。
(The point is, how many more have to suffer before Vic gets hers?)
Phil Coulson : あの直後に現れた。
(You showed up right after.)
John Garrett : 何が言いたいんだ。
(What are you driving at?)
Phil Coulson : クインがスカイを撃ったのはクレアボヤントの指示。蘇生法を突き止める為だ。その思惑通りに、私は君を施設に連れて行った。
(After Skye was shot, Quinn said it was to I would lead TheClairvoyant to the cure. That’s exactly what I did. I walked you right in there with me.)
John Garrett : フィル…今日は色々あったから…記憶が混乱してるのは分かる。でも冷静に考えてくれ。バレたか。
(Phil, look, it’s been a rough day, I getit. But you need to take a second and…Damn it.)

エージェント・オブ・シールド EP17「Turn, Turn, Turn / 疑いの連鎖」より引用

ついにギャレットの化けの皮がはがれたぞ…。

pic

Phil Coulson : 殺された君の部下はまずい質問でもしたのか?
(Those three men in your unit? Guess they asked the wrong questions?)
John Garrett : うん。今日まで秘密厳守だったからな。
(Until today, it was all about keeping the secret.)
Leo Fitz : 僕らも殺すの?
(Are you gonna kill us?)
John Garrett : そのつもりはなかった。殺そうと思えばいつでもやれたんだが…コールソンとは長い付き合いだ。長官から戦術を習った頃からの。突入の時の銃の向け方(スライシング パイ)とか覚えてるか?
(That wasn’t my plan, really. If it was, I could’ve donethat any time I wanted. No, Coulson and I go way back. Backto the days when Fury was teaching us tactics. Clearing corners. Slicing the pie. Remember, Phil?)
Phil Coulson : 長官が黙ってないぞ。
(Fury would bury you for this.)
John Garrett : だろうな。今頃墓の中で歯ぎしりしてるだろう。多分秘密を知って上層部に消されたんだ。だから突然俺達が闇から現れた。こっちもいきなりで大変だったよ。
(Probably. Instead, he’ll just have to roll over in his grave. He must’ve uncovered our secret. Top brass did what they had to do. Explains why we’ve suddenly “come out of the shadows”. Not a minor inconvenience, I might add.)
Melinda May :上層部?(Top brass?)
John Garrett : ああ、その通り。最高幹部だ。上手く隠れてたろ?シールドの旗を力いっぱい振りながらな。そろそろ旗を変えないと。
(My, yes. Tip-top. We had a good thinggoing, too. Waving the S.H.I.E.L.D. flag as hard as we could. I guess we’llbe changing colors now.)
Phil Coulson : ヒドラの旗に?ヒドラを信じてるのか?世界を破壊してるカルトだ。
(For HYDRA? You really believe all that crap? Spreading death and destruction?)
John Garrett : 俺はヒドラの信者ってわけじゃない。風向きの変化を読んで帆をひるがえしただけだ。お前もそうしろ。
(I wouldn’t say I’m a true believer. Let’s just say, I felt the wind changing direction and swung my sail. You really should, too.)
Phil Coulson : ヒドラの為に働くなら死んだ方がマシだ。
(I would die before serving HYDRA, you sick son of a bitch.)
John Garrett : 言いたかないがお前はずっとヒドラの為に働いてたんだ。でもどうやら死ぬ運命らしいな。残念だよ。友達として。生き返った時は本当に喜んでたのに。
(Ihate to tell you, but you’ve been serving HYDRA all along. I guessdeath is the only alternative. It’s a sad thing. I consider you a friend. I was happy when I heard you’d made it through.)
Phil Coulson : 私を捕まえて、3日間拷問した時も喜んでたんだろうな。
(So happy you had me tortured for three days to find out how I did it.)
John Garrett : 喜ぶわけないだろ。俺は正直な話をしてるんだ。
(I didn’t enjoy that. Phil, this is me being honest.)
Phil Coulson : いや、ジョン。君はとんでもない異常者だ。
(No, John, this is you being a psychopath.)

エージェント・オブ・シールド EP17「Turn, Turn, Turn / 疑いの連鎖」より引用

やりやがったなギャレット。。。

エージェント・オブ・シールド EP18の名言・セリフ

pic

Phil Coulson : これはまずいぞ。
(This doesn’t sond good.)
Skye : 今のは絶対に嘘よね。
(He’s lying definitely for sure.)
Phil Coulson : タルボットは平和と無縁だ。
(If Talbot’s leading the op, there’s nothing peacekeeping anout it.)
Melinda May : 拠点を明け渡さないように抵抗する?
(Base defenses are operational. We could hold out.)
Phil Coulson : アメリカ政府を敵に回す事は避けたい。
(The last thing S.H.I.E.L.D.needs is to start a war with the US Government.)
Skye : タルボットが来たらどうなるの?
(What happens when Talbot gets here?)
Phil Coulson : よくて法廷審問だろうな。少なくとも半年は拘束される。
(Best-case scenario, we all get subpoenas, spend the next six months tied up in court hearings.)
Skye : 最悪の場合は?(Worst-case scenario?)
Phil Coulson :審問もなくいきなり爆撃される。
(Is they skip the subpoenas, move straight to bunker busters.)
Skye : 爆弾ね。でっかいやつ。
(Bombs. Big bombs.)
Melinda May : ヒドラは野放しのまま。
(All the while HYDRA’s still outthere.)
Phil Coulson : こうなればオデッセイ プロトコル実行だ。
(Get on thecomms. We’re enacting Odyssey Protocol.)

エージェント・オブ・シールド EP18「Providence / 逃亡」より引用

オディセイ プロトコルとは。

Phil Coulson : スカイ、頼む。明るい話題はないか?(Skye, please, tell me something good.)
Skye : インターネットが通じた。
(We have Internet.)
Phil Coulson :よーし。期待値を下げすぎだ。
(Yay. And, boy, have I lowered my expectations.)
Skye :でも本部のシステムは死んじゃってる。
(But allH.Q. supporf systems are gone.)
Phil Coulson : じゃあ、インターネットでいいから我々のチームの情報を探せ。個人の記録や写真など存在の証となるものは全て削除しろ。
(Well, then, the internet it is. Find everything you can on our team – all personal records, photos, anything that proves we exist – then erase it.)
Skye : あーそれって究極の選択だわ。
(Uh, that’s kind of the nuclear option.)
Phil Coulson : 他に方法はない。今や我々は世界中の政府機関から追われる身だ。消えるしかない。
(It’s our only option. Every government agency in the world will be on our ass. Weneed to vanish.)
Skye : でもね、一度消しちゃったら二度と元には戻れない。幽霊と同じ。シールドのエージェントどころか何者でもなくなっちゃうけどいいの?
(Okay. But… once that’s done, it can’t be undone. We’ll be ghosts. Not agents of S.H.I.E.l.D., just agents of… nothing.)

エージェント・オブ・シールド EP18「Providence / 逃亡」より引用

エージェントではなくなってしまう。。。

pic

Jemma Simmons : じゃあ、どうしてこれが…(Then how can you be sure…)
Phil Coulson : 長官のやり方だ。
(‘Causethis is how he operates.)
Antoine Triplett : 罠かも知れない。結局何もかも罠だったじゃないですか。それだってヒドラが送ったのかも。
(Could be a trap. Sofar, everything has been a trap. Am I wrong? HYDRA could’ve sent you those coordinates.)
Phil Coulson : ニックフューリーがこのバッチをくれた時に私は誓いを立てた。君達もだろ。安全が崩れ去った時、最後まで人類を守り抜く盾となる事を。この座標には意味がある。間違いない。この飛行機も長官がくれた。降りたい者はパラシュートを使って勝手におりてくれ。
(Nick Fury gave me this badge. When he did,I swore an oath. We all did. To servewhen everything else fails. To be humanity’s last line of defense. To be the shield. These coordinates mean something. I’m certain of it. Fury also gave me this plane. Anyone wants off? Chutes are in the bay. Help yourself.)

エージェント・オブ・シールド EP18「Providence / 逃亡」より引用

長官を信じて疑わないコールソン。

Phil Coulson : だがここには何かある。これには意味がある。意味がなきゃいけない。世界が待ってる。ヒドラから救わないと。奴らには負けられない。思い通りにさせちゃダメ何だ。分かるだろ?何者でもなくなったりはしない。我々はシールドのエージェントだ。それは今でも変わらない!これだけ頑張って来たんだからなくなるわけないじゃないか!シールドは不滅だ!
(There’s got to be something here! This means something! This has to mean something. The world needs us! HYDRA is out there. We cannot let them win! We cannot let them define us! Do you understand that? We are not agents of nothing, we are agents of S.H.I.E.L.D. and that still carries weight! It has to carry weight. After everything we’ve been through, that carries weight!)

エージェント・オブ・シールド EP18「Providence / 逃亡」より引用

ちょっとなんか…駄々っ子に見えちゃう。

シールドに今まで全てを捧げてきたからこそなんだろうけどね。

まとめ

今回は、マーベル・エージェント・オブ・シールドのの名言、セリフを自分用にメモしていたものを会話文を中心にまとめさせてみました。

他にもエージェント・オブ・シールドの名言、セリフをまとめています。

よければこちらもどうぞ♪