アメリカの子供のランチボックスを紹介!(海外の学校編)

世界の中でもクオリティが高いと言われる、日本のランチボックス (お弁当)

しかし世界を見ると、国によって様々なお弁当の形があるんです。

「もはやご飯じゃないよ!」とツッコミたくなるものや「それで本当にお腹いっぱいになるの?」と聞きたくなるものもたくさん。

そこで今回は「アメリカを始めとする、海外の子供が学校に持っていくランチボックス」をご紹介していきます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク




アメリカの子供のランチボックス!学校編

おおー!フルーツ沢山で、ヘルシー♪

海外のランチボックスの定番ともいえる、サンドウィッチも美味しそうですね。

私もぜひ食べたいです!

トマトとブルーベリーの量、多くない?

絶対途中で飽きると思うのだけれど(゜_゜)

サルサとサワークリームに付けて食べるケサディーヤは美味しそうです。

アボカドどーーん!!

まさかアボカドをそのまま入れてくるとは…。

ランチボックスに、アボカドまるまる1個入ってないだけまだマシなのでしょうか。

ミートローフは美味しそうだけれど…。

横のポテトとプレッツエルは何!?

というかメインディッシュがスカスカ過ぎませんかね(笑)

いやいやいや!待て待て!

すいません、私の目にはポップコーンが見えるんですけど。

もしや幻覚か…?

私と同じくポップコーンが見える人、いらっしゃいましたら教えてください(笑)

今度はヘルシーなメニューですね。

魚のフライ、フルーツ、サツマイモ、ミックス野菜というランチボックスのようです。

果たしてこれで足りるのか…不思議。。。

メインのベーグルも気になるけれど、横のピーマンも気になる(笑)

下のマヨネーズらしきものに付けて食べるのかな?

アメリカだけでなく海外のほとんどが、野菜をそのままランチボックスに入れている気がします。

炒めたりはしないのでしょうか…。

知らなかったよ、ポテトチップスっておかずだったんだね。

あ、ライスチップス?ならいいか…。

って良くないよー!

いくら横にリンゴ?があるからって、チップスはお菓子でしょう!

でました、大量のグリーンピース

私もイギリス留学中によく食べました(笑)
(このお弁当は、アメリカに住む方がお子さんに作ったものですが…)

気になるお弁当の下側は、左側からトマト、パスタ、ピザらしいです。

ってパスタΣ(゚Д゚) この赤いのが!?

どんな味付けしたらこの色になるんでしょう…。

Mama Aさん(@pabaon_ni_mama)がシェアした投稿

ハンバーガーの数(笑)

そしてプレツッエルとナッツはおかずじゃないと思う。うん。

こんな偏った食事をしてたらそりゃ太るよ…。

さて、ここまでアメリカをはじめとする「学校用の子供のランチボックス」をご紹介しました。

色々見てきて思ったのは、ご飯の量が少ないということ。

日本のお弁当に比べ、フルーツなども多くお腹がすきそうですよね。

しかし、そんなランチボックスが主流なのにはある理由があったんです。

次の章で詳しくお話ししていきます。

ランチボックスの量が少ない理由とは?

実は、アメリカの学校には「スナックタイム」というものがあるんです。

大体ランチタイムの1時間ほど前に、15分程おやつを食べられるんですね。

食べるおやつは、子供によって様々。

野菜やフルーツなどのヘルシーなものから、ポテチやチョコレートを食べる子も。

その為日本のように「この時間に食べないと、家に帰るまで食べられない!」という状況にはならなりません。

また昼食時間も15分程と少なく、ランチタイムに沢山食べられないんです。

それが理由で、ランチボックスの量も少ないのではないでしょうか。

余談:私がアメリカ留学中に食べていたランチを紹介!

最後に、私がアメリカ留学中に食べていたランチをご紹介します。

私が通っていたのは語学学校ですので、また先程とは違うランチになります。

語学学校では、自分のランチボックスを持ってくる子もいますが、大半が外食

学校についているカフェテリアで何か買ったり、近くのファストフード店に行ったりしていました。

こちらがそのカフェテリアでのご飯。

店員さんにおすすめを聞くと「照り焼きチキン」と言われたので注文してみました。

味が少し濃かったけれど、美味しかったです。

そしてピザ。定番ですね。

お店で買って、外で並んで食べたりしました。

他にも、スーパーでお惣菜を買って食べたり。

アメリカのスーパーと聞くと、不味そうなイメージかもしれませんが、意外に美味しいんです。

好きなものを選べて、種類も豊富なのが嬉しい。

1人で、尚且つ時間がない時はスタバで軽く。

時間もかからず、そのまま移動できるしで重宝しました。

他にはダイナーで食事をしたり、マックやサブウェイに行ったり。

安くて手軽に食べれられる物がほとんどでしたね。

まとめ

今回は「アメリカを中心に実際の子供たちのランチボックス」をご紹介しました。

皆さんはどう思われるでしょうか?

私は「お菓子を学校に持っていけるのは羨ましいけど、日本のお弁当の方がいい」と思いました。

やっぱり物足りなさそうだし、すぐに飽きそうだな、と。

まあたまには、日本らしいお弁当でなく、アメリカ流のランチボックスを楽しむのもいいかもしれませんね♪

それではまた^^