【WordPress】必須&便利なプラグイン&サイト30選!

今回は、WordPressでブログを書いていくのに必要不可欠な、便利サイト、プラグイン、ツール等をまとめてみました!

私が普段記事を書いている上で毎日使う必須アイテム30選、全て無料の物になります。

自分の備忘録がてら、少しでもWordpress初心者さん達の参考になれば嬉しいです。

私もまだブログ初めてもうすぐ2年の新人なのですが(笑)

早速ご紹介していきます♪

スポンサーリンク
スポンサーリンク




WordPressのブログには必須!絶対使いたいプラグイン&サイトって?

TOP 5!Wordpressに必要不可欠なツールとは?

1.Google Adsense(グーグルアドセンス)

説明不要のWordPressの収益化に必要不可欠なコンテンツ

画面も見やすくてありがたい…!

iPhoneの方でもログインして見れるようにしておけば、ホーム画面を左にスライドした所にあるウィジェットからも確認できてさらに便利です。

2.Google Analytics(グーグルアナリティクス)

リアルタイムでサイトを見ている人の数、よく見れているページ、時間帯などなどとにかく何でも教えてくれるアナリティクス先輩。多分こちらも説明不要。

これさえあればブログの事は何でも分かるといっても過言ではないレベルで頼りになります。

3.Google Search Console(グーグルサーチコンソール)

記事を書いた後、その記事をいち早くGoogleに見つけてもらうために使用。

新しい記事のURLを入力して「インデックス登録をリクエスト」のボタンをクリックするだけ。

他にも使い方色々ありそうなんだけれど、私は分かってない(白目)。

4.Amazon アソシエイト

Amazonの商品リンクを貼りたい時に使用。

他にもアニメやアーティストなどの記事を書く時に、画像が欲しい場合は「画像のみ」を選び商品の画像を貼ったりできて、記事を彩る画像の代わりにもできちゃう。

あの画像欲しいけれど、普通に貼ったら著作権に…という時にとっても便利。

私の記事のアニメ画像はみんなAmazon、そして楽天などから頂いています。

5.楽天アフェリエイト

楽天の商品リンクを貼りたい時に使用。

Amazonと同じく、使いたい画像を探すのにも使ってます。

記事の支えになる必須サイト7選

6.Goodkeyword(グッドキーワード)

気になるキーワードを入れ検索するだけ。

そのワードがどれだけの人に検索されているのかや、そのワードと共に検索されているワードなどを調べることができます。

どんな記事を書いていくか?というブログの根本的なことを決めるのに必要不可欠になります。

7.Pixabay(ピクサベイ)

無料のフリー画像をダウンロードできるのがここ!

私のブログで使用しているフリー画像は、全てここから頂いています。

画像がとっても綺麗で、更には種類も豊富なので手放せません!

他にもたくさんのフリー画像のサイトがありますが、このサイトがあれば欲しいイメージの画像は全て手に入るので必要ないかな、と思うレベル。超オススメ。

8.TinyPNG(タイニーピング)

パンダのイラストが印象的なこちらのサイト。

画像をドロップすれば、画像のサイズを圧縮してくれます。

撮影した画像や、ダウンロードした画像をそのままブログに載せてしまうと、容量が大きい為重くなってしまいます。

圧縮してからブログに追加していきましょう。

実は私、ブログを始めた頃は「画像の圧縮をしなければならない」ということを知らず、普通に画像を追加していました。

その後このサイトを使うようになった後も、まあWordpressのプラグインに圧縮してくれる奴があるし、アイキャッチ画像だけ圧縮してればいいか…なんて甘いことを考えていた時期があり…。

つい2週間前に、2000枚近い写真を全て圧縮し直し&記事に追加という地獄の作業を終えたばかりです(笑)

皆さんも私と同じような悪夢に陥らないよう、画像の圧縮は入念に…。

9.Compressor.io(コンプレッサーアイオー)

こちらも写真を圧縮してくれるサイト。

たまにTinyPNGが上手く動かないな?と思った時に使用してます。

基本的には私はTinyPNGがメインで使っています。その辺は好みかな?

10.I♡IMG(アイラブイメージ)

同じく写真を圧縮してくれます。

TinyPNGやCompressor.ioより更に小さく圧縮してくれるイメージ。その分画質は落ちるのかな…?

上と同じくTinyPNGがうまく作動してくれなかった時や、画質はあまり気にせずとにかく小さくしたい時に使用しています。




11.GTmetrix(ジーティーメトリックス)

サイトの調べたいURLを入力すると、そのページを調査して表示速度を調べてくれるツールです。

ほとんどの人がサイトの表示時間が3秒を過ぎると見るのを止めてしまうらしく…。

ブログにとって表示速度は命。

私のブログも表示速度が遅いことに悩んでます…。色々高速化の為に頑張ってるんだけどなあ…。

毎回新しい記事を書いたら、こちらのサイトで表示速度を調べています。

12.PageSpeed insights(ページスピード インサイト)

同じく表示速度を調べてくれるツール。こちらも毎回新しい記事を書くたびに使用しています。

こういったWordpressに使うツールは英語なことが多いのですが、PageSpeed Insightsは日本語で分かりやすいです。

サイトの速度に点数をつけ、何が表示を妨げる原因になっているのかなども詳しく説明してくれるので重宝しています。

WordPressの便利プラグイン18選

使っているテーマによっても必要なプラグイン、相性の良いプラグインなどが変わるので、一概に「これを入れればOK」とは言えないのですが…。

私が主に愛用しているプラグイン達をまとめてみました。

ちなみに私が使用しているテーマは「Simplicity2」になります。

名前の通りシンプルでカスタマイズしやすく、記事も見やすいので気に入ってます♪

13.Autoptimize

HTML、CSSなどの素人にはよく分からない暗号たちを、ボタンクリック1つで圧縮してくれる肩幅50mぐらいあるすごいやつ(笑)

これをONにしておくだけで、ブログの表示速度が速くなるので取り敢えずいれておけばOK。

あとは勝手になんとかしてくれる。すごい。

14.WP Fastest Cache

同じくブログの表示速度をアップしてくれるとっても便利なプラグイン

結構キャッシュプラグインはトラブルが起きやすいらしく、私もブログの表示がバグったりしたことあるので、自分のブログと相性の良いもの慎重に選ぶことをお勧めします。

いくつかこういったキャッシュ系のもを試しましたが、私のブログにはこれが一番相性良かったです♪

私の使っているSimplicityは、キャッシュプラグインと相性が悪いらしく、色々調べて試して選びました。

他のテーマだとそうでもないのかな?どうなんだろう…。

15.a3 Lazy Load

画像の遅延読み込みをしてくれるプラグイン。

つまりはこれもブログの表示速度を速くしてくれます。

沢山のサイトで紹介されている、一番有名な「Lazy Load」というプラグインはなぜか私のサイトでは効果が出ず…。

こちらはちゃんと効果が出たので、こちらを使っています。

16.EWWW Image Optimizer

有効化してポチポチ設定するだけで、追加した画像を自動的に圧縮してくれる優秀な子。

たまにメディアの一般最適化から「最適化されていない画像をスキャンする」を押すと、圧縮されていない画像が出てきたりするので、時々チェックしてみるのがオススメです。

17.Akismet Anti-Spam (アンチスパム)

スパムコメントなどを対策してくれるプラグイン。

私のブログはコメント欄非表示にしているので必要ないかな?と思っていたのですが…。

例えコメント欄がなくても一応入れといたほうがいい、と聞いたので入れてます。

18.Wordfence Security

WordPressのセキュリティのかなめとも言われているこれ。

設定はちょっと難しめ…私もちゃんと使えているのか分からない←

これの説明は難しいので他の方のサイトで聞いてください…(笑)

使用しているプラグインをアップデートしなければならない時などは、メールで教えてくれるので便利です。

19.BBQ Block Bad Queries

同じくセキュリティ系のプラグイン。

こちらはダウンロードして有効化するだけで、設定も必要ないので入れておいて損はないです。

20.SiteGuard WP Plugin

WordPressの管理画面にログインする為のURLを変更して、悪意のある人間からのログインから守ってくれるセキュリティプラグイン。

セキュリティ大事。うん、大事(コメントが小学生レベル)。




21.BackWPup

設定すると自動で定期的にバックアップをしてくれるプラグイン。

さらには自動のバックアップのスケジュールも好きなように設定でき、確認もできます。

なんでもバックアップ必須。うむ。

22.Broken Link Checker

ブログに貼ったURLがリンク切れを起こした場合、検査して通知を送ってくれるプラグイン。

メールも届き、Wordpressの管理画面のツールのところにもマークが出るのですぐに分かります。

壊れたプラグインを放置しているとGoogleの評価にも影響するらしいので、入れておくことをお勧めします。

実際私はとっても助けられてます…。便利すぎる。

23.Classic Editor

WordPressの投稿のエディタが、アップデートで強制的に変更されたのが数か月前のこと。

私にはあの新しいエディタの使い方が全く分からず(遠い目)

旧エディタを使用できるプラグインがあったので、こちらを使っています。

新しい方のエディタで問題ない、という方には不要ですね。

私には必要不可欠なプラグインです。記事が書けなくなっちゃう…(笑)

24.WebSub/PubSubHubbub

書いた記事をGoogleを含む検索エンジンにインデックスしてくれます。

自分の書いた記事が他の人に真似され、自分の記事よりも早くそれがGoogleなどに知らされると、自分の記事は後からでた「パクリ」という扱いになってしまうんですね。

そうなると、検索上位に表示させることも難しくなってしまいます。

そんな悲しいことを防いでくれるプラグインです。

25.Google XML Sitemaps

設定するのが難しいサイトマップを、簡単に作ってくれるのがこれ。

これがないと検索結果に表示されるまでに時間がかかってしまうことがあるみたいです。

こちらも入れていて損はないプラグインです。

26.Really Simple SSL

ブログを「http」から「https」へSSL化してくれる、今は必須ともいえるのがこちらのプラグイン。

SSL化に関しては、私のブログでも記事にしていますのでよければ見てみてください♪

「ウェブサイトは安全ではありません」URLの所に前からこんな警告あったけ?いつの間にか表示されていたこの文字、調べてみるとどうやら「WordpressブログをSSL化」しなければならないらしい…。なんとか対処できたので備忘録がてら自分用にまとめておきます。

27.Table of Contents Plus

ブログの目次を自動的に作成してくれる優秀な子。このブログもこのプラグインで作られています。

記事を見やすくするには、やっぱり目次は必須。

一度設定すれば、新しい記事を書くたびに自動で目次を作成してくれます。

28.WordPress Popular Posts

名前の通り、人気の記事をサイドバーにランキング形式で表示してくれます。

よく使われているプラグインなので、設定の方法などを説明している記事も多く初心者でも導入しやすいです。

これを入れることによって、サイトを訪れてくれた方が少しでも他の記事を覗いてくれたらいいな~と思い使っています。

29.TinyMCE Advanced

記事を書きやすくするために必須のプラグイン。

文字をカラーにしたり、アンダーバーを引いたり、リンクの解除をしたり…というボタンを表示させることができます。

といっても新しいエディタに変更されたからもういらないのかな?

私は旧エディタの方を使用しているので手放せません。

30.WP Multibyte Patch

もともと英語向けのWordpressで、日本語版として使っていくのに必須なのがこれ。

デフォルト状態で既にダウンロードされています。

有効化するだけなので使い方も簡単。

とりあえず有効化のボタンをぽちっとしておけばOKです。

まとめ

今回は、私が普段「WordPressで記事を書く際に愛用している30個のサイトやプラグイン」を、自分用の備忘録がてらご紹介させて頂きました。

皆さんの参考になれば嬉しいです♪

また役に立つサイトやプラグインを見つけたら追記します!

スポンサーリンク
スポンサーリンク




スポンサーリンク




シェアする

フォローする