短期留学の効果と意味とは?効率的に英語を学べる方法を紹介!

短期留学って本当に効果あるの?

世間では「短期留学は効果がない」とよく言われていますが、そんなことはありません!

短い時間で効果を出す為にはコツがあるんです。

有意義な時間を過ごせるかはあなた次第ですよ!

今回は「短期留学で学べること」「英語力を伸ばす方法」についてお話していきます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク




短期留学で学べることとは?英語力への効果はあるの?

結論から言いますと、英語を話そうしない人間が行っても意味はありません。

効果がなかった、全く友達もできなかったと言っている人は、話す努力を怠った人だと私は思います。

積極的に英語を学ぼうとすれば、いくらでも英語力は伸ばせるんです。

確かに、数週間留学しただけで英語がペラペラになることがありません。

そんなに英語も留学も甘くはないです。

ですが短期でも、英語力を上達させることはできます。

例えば、英語でのコミニュケーション能力

英語を学習しているからと言って、実際にネイティブスピーカーと会話を成り立たせることはできますか?

長くても2週間あれば、英語で話すことへの抵抗はなくなるはず。

それだけでも1つの進歩です。

また海外に出たことによって、自分の英語力のなさを実感し、帰国後必死に勉強して長期留学をする…と言う人も多いですね。

逆に自分の殻を破り、自信をもって帰ってこれるかもしれませんよ。

ではそんな短期留学で効果を出すには、どうすればいいのでしょうか?

次の章で詳しくお話していきます。

短期留学で英語力を伸ばすには?効果を出す方法!

短期留学で英語力を伸ばす為には、ぜひ毎日実践していただきたいことがあります。

  • クラス全員に話しかける
  • とにかく外に出る
  • カフェを活用する
  • 街中の声に耳を傾ける
  • 同居人と仲良くなる

この5つをできれば、有意義な留学になること間違いなし!

詳しく見ていきましょう。

1.クラス全員に話しかけよう

留学初日の登校日、まず最初にしなければいけないのがこれ。

クラス全員と仲良くなれれば、それだけで交友関係も活動も広がります。

話しかけられて嫌な顔をする人は1人もいませんよ。

まずは隣の席の子に話しかけてみましょう。

ランチに誘えたら更にいいですね!

一緒にご飯を食べながら、英語で議論できればコミュニケーション能力はグッと変わるはず。

2.とにかく外に出よう

放課後や休日など、短期留学でもフリータイムは沢山あります。

短期留学の醍醐味は、このフリータイムをいかに有効的に楽しむか

家に引きこもって何もしないなんて絶対にダメ!

とにかく外に出て、会話をしましょう。

たまたま隣に座った人話したり、店員さんと雑談したり。

外に出れば、いくらでも話をするチャンスが転がっていますよ。

それを活かせるかどうかはあなた次第です!

3.カフェを活用しよう

英語を学べる絶好の場所が「カフェ」。

街歩きに疲れたら、カフェに立ち寄ってみましょう。

まずカフェに入ったら、注文をする為に店員さんとお話をしましょう。

わざわざ注文中に雑談?と思うかもしれませんが、

海外の方は皆フレンドリーなので、話しかければ快く会話してくれますよ。

(もちろん忙しそうな時は遠慮しておきましょうね。)

そして席に着いたら、ぜひ隣の人に話しかけてみてください

座る時ににっこり笑って「Hi.」と言ってみましょう。

相手が返してくれたら、天気の話をしてみたり、相手が何を頼んだのかなどを聞いてみます。

話しかけにくい時は「Is this seat open?(この席空いてますか?)」などから入ってもOK。

本を読んだり、スマホを見たりしていない限り普通に返してくれますよ。

初めは緊張するかもしれませんが、考えてみてください。

相手はあなたのこと知りません。

上手く会話ができなかったって、あなたが失う物なんて何一つないんですよ。

それより大金を払って留学したのに、何一つ得られなかったと後悔する方が嫌じゃないですか?

まずは一歩踏み出してみましょう!



4.町中の声に耳を傾けよう

リスニング能力を高める為に実践したいのがこちら。

0円で英語力アップが狙えちゃいます。

ちょっとカッコよく言ってみましたが、簡単に言うと盗み聞きです(笑)

町中で聞こえてくるネイティブスピーカーの、生の声を聞きましょう

リスニングCDよりリアルで、そしてもちろん無料。

海外だからこそできる勉強法ですよ!

5.同居人と仲良くなろう

短期留学ならほとんどの人がホストファミリーと暮らすか、学校の寮に入ることになります。

(長期留学であれば、一人暮らしなども可能です。)

たとえ短い期間でも同じ屋根の下で暮らすのですから、仲良くならなきゃもったいないですよね!

現地情報を聞いてみたり、一緒に出掛けないか誘ってみましょう^^

いかがでしょうか?

例え短期の留学でも、色々なことができることがお分かりいただけたでしょうか。

では次の章では、留学でよく言われる「ある嘘」についてお話します。

留学中、日本人と友達になってはいけない…は嘘!

留学先では、日本人と友達になってはいけない…といろいろなサイトで言われていますよね。

ハッキリ言います。嘘です。

留学先でずっと日本人と行動して、一切英語を話さないのはもちろんNG。

ですが日本人と友達になることは、全く悪いことではありませんよ!

それをきっかけに他の友達が増え、更に英語を話す場を広げることができます。

それに日本人が2人以上いても、他の国の人がいれば日本語を話す機会などありません。

友達を増やすためにも、他の人と平等に日本人の子とも仲良くしていきましょう!

ここまで短期留学で効果を出す為の方法などをお話していきました。

しかし海外で英語を学ぶ前に、日本ですべきことがあるんです。

最後にそれについてお話していきます。

短期留学をする前に! 英語を海外で学ぶ為に日本ですべきこととは?

短期留学で英語を学ぶには、「中高生レベルの英語力を持っていること」が前提になります。

「Hello」と「Thank you」ぐらいしか言えない状態で言っても、残念ながら効果はありません。

現にそんな留学生が数名いましたが、どの子も最終的に諦めて母国語の仲間と一緒にいました。

ある程度話せなくては、どうせ短期だし…と努力するのを止めてしまうのでしょうね。

(長期留学なら別かもしれませんが…)

短期で行くなら、先に日常会話レベルは話せるようになってから行きましょう。

それができなければ、厳しいことを言いますが町中で会話をすることも、留学生の友達を作ることも叶いません。

逆に言えば、日常会話レベルの英語力があれば誰でも短期留学で効果を得られるんです!

頑張ってくださいね^^

まとめ

今回は「短期留学で効果を出すための、英語の勉強法」についてお話させていただきました。

短期留学で効果を出せるか、全てはあなた次第。

積極的に話せば、短期でも学べることは沢山ありますよ!

皆さんの留学が、有意義で思い出に残る楽しいものになりますように✨

スポンサーリンク
スポンサーリンク




スポンサーリンク




シェアする

フォローする