【Mariebelle】マリベル・京都店レポート!店舗情報も!

ニューヨーク・ソーホーにあるチョコレートショップ「Mariebelle / マリベル」。

今回はそのマリベルの、関西では唯一の店舗となる京都本店のカフェにお邪魔してきました♪

エレガントな店内で楽しむチョコレートは絶品で、一生ここにいたいと思うぐらい居心地よい場所でした。

さっそくご紹介していきます~!

スポンサーリンク
スポンサーリンク




NYのチョコレートショップ「Mariebelle / マリベル」って?

この投稿をInstagramで見る

Mariebelle New Yorkさん(@mariebelleofficial)がシェアした投稿

公式サイト → Mariebelle / マリベル ホームページ
公式インスタグラム(日本語)→ マリベル京都店 Instagram
公式インスタグラム その2(日本語)→ マリベル・カカオマーケット Instagram
公式インスタグラム(英語)→ Mariebelle Instagram

ニューヨーク・タイムズで最も美しいと評され、数々のセレブたちも虜にした美しいチョコレートショップ「Mariebelle / マリベル」。

南米出身のショコラティエ・マリベル リーバマンが2004年にニューヨークのソーホー地区にて店を開いたのが始まりです。

一番の人気はやっぱり「ガナッシュ」。

青色の箱に入っていることから「ブルーボックスシグネチャーコレクション」と呼ばれており、まるで小さなキャンバスに描かれたようなアートで美しい絵や模様が特徴です。

お値段は1粒600円ぐらいと少し高めですが、一度食べればきっとあなたもマリベル・チョコレートの虜になるはずです♡

ガナッシュの詳しい種類が見たい方はこちら。

京都店ではこれ以外にも、京都限定のお味である「抹茶」や「ほうじ茶」が楽しめます。

マリベル・チョコレートはどこで買えるの?店舗情報!

この投稿をInstagramで見る

Mariebelle New Yorkさん(@mariebelleofficial)がシェアした投稿

現在「Mariebelle / マリベル」は、ニューヨークの本店の他に京都店、そしてカカオマーケットが同じく京都と銀座と石垣に店舗があります。

カカオマーケットというのはニューヨーク店、京都店より少しカジュアルなお店です。

店内はギフトショップ(?)のような雰囲気で、チョコレートを優雅に楽しむための店舗というよりはお土産を買うのに適したお店と言う感じ。

実店舗でマリベルのチョコレートを購入したい方はカカオマーケットへ、店内でのんびりチョコレートを味わい、お買い物がしたい方は京都店、又はニューヨーク本店の方へ足を運んでみてくださいね。

実店舗を訪れるのは難しい…という方も公式サイトのオンラインショップ、またはカカオマーケットのオンラインショップよりゲットできますよ。

Mariebelle / マリベル・京都店の詳細はこちら↓

住所〒604-8112 京都府京都市中京区柳馬場 三条下ル槌屋町83番地
電話番号075-221-2202
営業時間月曜日・水曜日~日曜日 10:00~19:00
定休日火曜日
公式サイトMariebelle / マリベル ホームページ
食べログ
アクセス河原町駅より徒歩7分、烏丸駅より徒歩7分、烏丸御池駅より徒歩7分
地図

カカオマーケット by マリベル・京都店の詳細はこちら↓

住所〒605-0079 京都府京都市東山区常盤町165−2
電話番号075-533-7311
営業時間月曜日・水曜日~日曜日 11:00~20:00
定休日火曜日
公式サイトカカオマーケット by マリベル ホームページ
アクセス祇園四条駅より徒歩1分、河原町駅より徒歩4分、三条駅より徒歩6分、三条京阪駅より徒歩8分
地図

カカオマーケット by マリベル・銀座店の詳細はこちら↓

住所〒104-0061 東京都中央区銀座5丁目2−1 東急プラザ銀座5F HINKA RINKA
電話番号03-6264-5122
営業時間月~日曜日 11:00~21:00
公式サイトカカオマーケット by マリベル ホームページ
アクセス銀座駅より徒歩4分、有楽町駅より徒歩6分
地図

Mariebelle / マリベルの京都店に行ってきた!

こちらがMariebelle / マリベル、京都店

私は烏丸駅から歩いて行きましたが、道なりをまっすぐなので分かりやすかったです♪さすが京都。

京都らしい和風の建物に、マリベルを象徴する美しい水色の扉が目を引きます。

小さな小道をまっすぐ進んでいくと…。

突き当たりにこちらの看板が。この横から店内に入れます。

扉を開けると豪華なシャンデリアと、たくさんのチョコレートたちが目に飛び込んできます。

ここがチョコレート天国…!!

このショップエリアの右側がカフェ。

こちらもショップ同様アンティーク調のエレガントな雰囲気で、まるで別世界を訪れたような気分にさせられます。

メニューはこんな感じ。ホットチョコレート(850円~950円)や…。

シグネチャーアートガナッシュいろいろ。どれも美味しそう♡

カフェ限定で楽しめるスイーツなども。

クレープやパンケーキのセットもありました。スイーツのお値段は1200円~1600円ほどですね。

注文しかくるまで少し時間がありそうなので、少し店内を散策することに。

色とりどりのチョコレートたちがとってもかわいい♡

見た目も可愛らしいパッケージのチョコレートたちもたくさん売られていました♪

プレゼントにもよさそう~!

お店のあちこちにはお試し用のチョコレートが置いてあり、こっちも美味しいな、あ、こっちも…ともぐもぐ。(ただの食い意地)

特にオレンジの入ったチョコレートが美味しかったです( *´艸`)

ジェラートもありました。

こちらも人気みたいで、ジェラートだけを買いに来ている方も多かったです。

私も次は食べてみたい~♪

今回私が注文したのは、トゥデイズ マリベル チョイス(Today’s Mariebelle’s Choice)とミス マリベルズ ミックス ナッツ クレープ(Ms. Mariebelle’s Mix Nuts Crepe)。

ホットチョコレートを喉から手が出るほど飲みたかったのですが、他にも食べたいものがあったので今回は断念…。次こそは。

こちらが「トゥデイズ マリベル チョイス」。

本日のオススメチョコレートとチーズケーキ、ガトーショコラ、フレッシュフルーツなどが楽しめるプレートです。

チョコレートがおいしすぎて…!

あまりチョコレートというか、甘い好き!というわけではない友人といったのですが、そんなチョコレート好きじゃない人間が感動するレベルの美味しさです。

チョコレートなどの甘い物を食べた後にフルーツを食べると酸っぱく感じそうですが、フルーツもどれも甘くチョコレートとの相性も抜群でした♡

そしてこちらが「ミス マリベルズ ミックス ナッツ クレープ」。

クレープが今まで食べたことのないふわふわの食感でびっくり!!

甘すぎない上品なお味で、食べてて全く飽きませんでした。

甘い物って大好きだし別腹なのですが、同じ物をずっと食べているとしつこく感じてしまうことってあるじゃないですか。

でもそういったことが全くないんですよね。

本当に美味しい物って、いくら食べても飽きないんだなあ…としみじみ。

1つ驚いたのが、席に案内される時にもらえる「お手拭き」。

なんでわざわざニューヨークのチョコレートショップのレポでお手拭きの話…?と皆さん思われると思いますが、いやこれがほんとにビックリだったんです。

お手拭きというよりまるでタオル。

え、これ使い捨てなの?もったいなくない?と思うぐらいしっかりしていてビックリ。

さすがマリベル…。お手拭きまで違うなんてビックリ。すご。

わざわざニューヨークのチョコレートショップに来て、何に感動しているんだって感じですが(笑)

見たら分かる。うん、見たらきっと分かってもらえるはず。はい。

まとめ

今回は、ニューヨークの人気チョコレートショップ&カフェ「Mariebelle / マリベル」の京都店のレポートを書かせて頂きました。

チョコレート好きの方ははぜひ訪れてみてください~!

実はこのお店に行く前、同じく京都にあり、マリベルから徒歩3分ほどで行けるロンドンのパン屋さん&カフェ「FRANZE&EVANS / フランツアンドエヴァンス」にもお邪魔してきました。

こちらも記事にしているので、よければ一緒にご覧ください~♪

皆さんは「FRANZE&EVANS / フランツアンドエヴァンス」というパン屋さん&カフェをご存知でしょうか?本店はイギリス・ロンドンにあり、日本では京都三条や表参道に店舗があります。今回はその京都店でランチを楽しんできたので、そのご紹介をしていきます♪
スポンサーリンク
スポンサーリンク




スポンサーリンク




シェアする

フォローする