2本で1役!モアブルームデュアルアイライナーを使ってみた!

今回は1本で2役をこなせるinicさんより発売されている「モアブルーム デュアルアイライナー」をご紹介!

細筆と太筆の2つが1つになっており、1本のアイライナーで様々な使い方ができちゃいます♪

早速見ていきましょうー!

スポンサーリンク
スポンサーリンク




inicのモアブルームデュアルアイライナーって?

公式サイト → inic モアブルームデュアルアイライナー

価格:1680円(+税)
発売日:2018/2/19
@cosmeでの評価:★★★★★☆☆ 5.4

フィルムタイプの「とれない水性」ジェルタイプの「落ちない油性」の2つが1つになったアイライナーです。

水性フィルムタイプはコシのある書きやすさ重視で、細く繊細なラインが描けます。

逆に油性ジェルをタイプは毛足の長いしっかりめの筆で、目尻の大胆なキャットラインも思いのまま描けますよ。

6種類の美容成分と5種類まつ育成分が配合されているところも嬉しいポイント♪

水や皮脂に強いウォータープルーフかつ、フィルムタイプはお湯で簡単にOFFできます。

カラーはくっきりとしたブラックの「インキ―ベリー」とナチュラルなブラウンの「プチココア」の2種類があります。

アイライナーを早速使ってみた!

こちらがinicさんより発売されている「モアブルームデュアルアイライナー」。

カラーはインキ―ベリーです。

ジェルタイプの方の蓋を開けてみました。

ジェルタイプの方はフタ部分にアイライナーの液体が入っていて、フィルムタイプの方は真ん中部分に液体が入っている形になります。

ペンと長さを比べてみました。一般的なボールペンより少し長めですね。

手の甲にアイラインを引いてみました。

上側の太めのラインがジェルタイプ、下側の細めのラインがフィルムタイプになります。

ウォータープルーフとのことなので、がっつり水をぶっかけてみました(笑)

ラインが滲むことはありませんね。

ティッシュペーパーで水をふき取ってみました。

上側のジェルタイプは橋の方が若干横にのびたかな?という印象ですが、ラインが滲む様子はありません。

下側のフィルムタイプは全く滲んでいませんね。

ここまで大胆に水をかけてふき取っても滲まないのはすごい

これならメイクが取れたりして、日常生活で困ることはなさそうです(*´▽`*)

まとめ

今回はinicさんより発売されている「モアブルームデュアルアイライナー」をご紹介させて頂きました。

是非皆さんも試してみてくださいね♪

P.S. inic様、及びブロネット様のブログモニターに参加させていただきました。ありがとうございました!