英語が話せるかは問題じゃない!ホストファミリーと仲良くなるには?

ホストファミリーと仲良く慣れない…

英語を話せないしどうすればいいのか分からない…

言語の違う海外で1人新しい生活を始めるのですから、不安なのは当然のこと。

私もイギリスとアメリカに留学し、ホストファミリーにお世話になったのでその気持ちがよく分かります。

でも幸いにも私は、両方のご家庭でとても楽しい留学生活を送ることができました。

今回は、私が留学して学んだ「ホストファミリーと仲良くなる方法」を会話の仕方、体験談と共にお話ししていきます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク




英語が話せなくてもホストファミリーと仲良くなる方法!

まずは基本から!

国内でも海外でも、日本語でも英語でも仲良くなる方法は同じ。

「それができたら苦労しないんだよ!大体英語話せないんだって!」と思ったそこのあなた!

例え流暢な英語が話せなくても「Hello」ぐらいなら言えますよね?

簡単な挨拶からでいいんです。

まずは笑顔で言ってみましょう。

挨拶をしたら必ず、ホストファミリーも返してくれます。

そして色々話しかけてくれるはず。

そこからスモールトークをしてみましょう。

スモールトークとは、簡単な世間話や雑談のこと。

この会話さえコツを掴めば、簡単にホストファミリーと仲良くなれますよ。

では、そのスモールトークのコツを次の章でお話します。

スモールトークのコツとは?

先ほどお話した通り、スモールトークをマスターすれば

簡単にホストファミリーと仲良くなれます。

そんなスモールトークのコツとは、

  • まずは「調子どう?」
  • 天気の話
  • その日に何をしたか
  • 相手にも同じことを聞いてみる
  • その国のオススメを聞く

の5つ。

詳しく見ていきましょう。

1.まずは「調子どう?」

一言目に挨拶をしたら必ず「調子どう?」と聞いてみましょう。

日本ではあまりない文化ですが、海外では2言目にそれを聞くのが常識

例)聞き方

  • How are you?
  • How’s it going?
  • How are you doing?

などなど。

他にもたくさんありますが、一番使いやすいのはこの3つではないでしょうか?

質問したら、相手も絶対に同じことを聞いてきます。

その時は笑顔で答えましょう。

例)返し方

  • I’m good, thanks. いいよ、ありがとう。
  • Great! とてもいいよ!
  • Perfect. 完璧。
  • Not bad. 悪くないよ。
  • A little tired, but I’m fine. ちょっと疲れたけど、でも大丈夫。
  • Exausted. もうクタクタ。

などなど。

私がよく使うフレーズです。

マイナスなことを言うと必ず理由を聞かれますので、それにも答えられるようにしましょうね。

ここまで読んで「それぐらいはできるよ!舐めるなよ!」と思った方も、「このぐらいならできるかも?」と思った方もいるかと思います。

そう思ったなら自信をもって!

会話なんて、この挨拶の延長でしかありません。

これができるってことは、英語が話せるってことですよ。

つまりすぐ仲良くなれるはず。

どんどん会話を続けましょう!

2.天気の話

誰とでも話せる無難な話題と言えば、天気の話。

特にイギリスでしてほしい会話ですね。

イギリス人は、とにかく天気の話が大好き。

会話は基本的に全て、天気についてから入ります(笑)

もちろんイギリスでなくても、天気の話は役に立ちます。

何を話していいか分からなくなったら、とりあえず天気の話を振ってみましょう。

そこから話を膨らませていけばOK♪

深く悩む必要はありませんよ!

3.その日何をしたか

こちらは、ホストファミリーからよく聞かれる話。

学校はどうだったか、放課後は何をしたのか…

ここが一番話を膨らませやすいところです。

その日のことをどんどん話していきましょう。

例)

・Class today was fun.
今日の授業は楽しかった。

・I ate lunch with my classmates.
同級生とランチを食べました。

・I went to the beach. It was awesome!
ビーチに行ったの。最高だった!

などなど。

その日のことを全てホストファミリーに話しちゃいましょう!

それだけで会話が弾んで、仲良くなれますよ。

4.相手にも同じことを聞いてみる

聞かれた質問を、今度はホストファミリーに聞いてみましょう。

思わぬ話が聞けるかもしれませんよ!

例)

・How was your day?
あなたの一日はどうだった?

・What did you do?
何をしたの?

5.その国のオススメを聞く

ホストファミリー絶対聞きたいことと言えば、これ!

オススメの観光スポットや、美味しいレストランなど色々聞いちゃいましょう!

そして聞いたオススメスポットにはぜひ行ってみてくださいね。

それがきっかけで、もっと会話も弾むはず。

私は、ホストファミリーにお勧めスポットのリストを貰いました。

一緒に行けたりもするかもしれませんよ!

ここまできたら、もうホストファミリーと仲良くなれているはず!

あまり会話のイメージがわかない…なんて方の為に、次の章で詳しい例をご紹介します。

ぜひ毎日実践してみてくださいね!



詳しいホストファミリーとの会話を紹介!

では、私が学校帰りにいつもしていた、会話の例をご紹介いたします。

☆→私 ★→ホストファミリー

☆Hello!
こんにちは!

★Hi! Welcome back!
ハイ、お帰りなさい!

☆How are you?
調子どう?

★Good. You?
いいわ。あなたは?

☆Great!
とってもいいよ!

★How was your day?
今日はどうだった?

☆It was awesome! I had a small test today, but I think I did pretty well.
最高だったよ!今日小テストがあったんだけど、上手くできたと思う。

★Good. What did you do after school?
良かったね。放課後は何したの?

☆Well, I ate lunch with my friend. After that, me and my friend went to shopping center and bought this cute cloth!
えっと、友達とランチしたよ。その後は、友達とショッピングセンターに行ってこの可愛い服を買ったの!

★It’s lovely. You really enjoyed the day!
素敵だわ。楽しんできたみたいね!

☆Yes, I did! How about you?
うん!あなたは?

★I met my friends and went to Kew gardens.
友達と会って、キューガーデンに行ったの。

☆Kew Garden?
キューガーデン?

★Yeah, it’s a beautiful place. Look at this picture!
ええ、すごく綺麗な場所よ。この写真を見て!

☆Wow. Is it far from here?
わお。ここから遠いの?

★No, it takes an hour by underground.
いいえ、地下鉄で1時間よ。

☆Oh really? I’ll go there tomorrow!
本当?明日行ってみる!

★Yeah! You’ll like it.
ええ。きっと気に入るわ。

軽くイメージできたでしょうか?

ぜひ毎日実践してみてくださいね。

ここまで、ホストファミリーと仲良くなれる会話についてお話してきました。

ですが友好的な関係を築くには、一番大切なことがあるんです。

最後にそちらをお話します。

仲良くなるために一番大切なこととは?

一番大切なこととは、「恐れずに積極的に話しかける」ということ。

とてもシンプルですが、結局これが出来れば仲良くなれるんです。

英語が上手に話せなくても大丈夫。

ホストファミリーだって、留学生が完璧な英語を話せるなんて思っていません。

辞書を使いながらでもOK。

私もよく、話している途中で現在形と過去形が混じったりします(笑)

でも会話はちゃんと成り立ちますよ。

間違えた!と思ったらもう一度言い直せばいいだけです。

簡単なことでしょう?

私が留学中に出会った留学生の中に、2人の正反対の子がいました。

1人の子はいつもニコニコして、誰にでも積極的に話しかけていました。

しかしもう1人の子は真逆のタイプ。

話しかけても「Translate(翻訳して)」の一言。

ずっとそんな調子じゃ、話しかける気もなくなりますよね。

2人とも英語力は同じぐらいで、あまり得意なタイプではありませんでしたが、もちろん友達が多いのは前者の子。

英語力ではなく、話そうとする気持ちが大切なんだとしみじみと感じました。

まとめ

ということで今回は「ホストファミリーと仲良くなる方法」をお話させていただきました。

仲良くなるには、英語力ではなく話す努力が大切です。

1人で不安なことも多い留学ですが、人生に一度あるかないかの貴重な体験。

深く悩みすぎず、楽しんでくださいね♪