【全て無料!】イギリス・ロンドンの美術館・博物館10選!

イギリスにあるロンドンの美術館・博物館は「無料」。

大英博物館やナショナルギャラリーなど、多くの有名な美術館があるロンドン。

そのほとんどが無料なことを知っていますか?

物価が高いと言われているロンドンで、無料で美術館や博物館、ギャラリーを楽しめるなんて驚きですよね!

これは行かない手はない!

そこで今回は「イギリス・ロンドンの無料美術館・博物館編」をご紹介します。

スポンサーリンク
スポンサーリンク




なぜイギリス・ロンドンの美術館は無料なの?その理由とは?

イギリスには、「アートはみんなの物であり、誰にでも平等に楽しめるべきだ」という考えがあります。

その為上流階級の人たちだけでなく、誰でも無料で入れるようになっているんです。

芸術が好きなイギリスらしい、素敵な考え方ですよね^^

無料の美術館は全て寄付金で成り立っています。

もし美術館を楽しめたのであれば、少しでもいいので募金箱にお金を入れてみてくださいね

では早速ここからは「ロンドンの無料美術館・博物館編」をご紹介していきます!

イギリス・ロンドンの無料美術館を紹介!

① ナショナル・ギャラリー

1824年に設立された、ロンドンのトラファルガー広場にある美術館です。

13世紀半ばから1900年頃までの作品が飾られています。

特に有名なコレクションと言えば、フィンセント・ファン・ゴッホが1888年に描いた「ひまわり」や、レオナルド・ダ・ヴィンチが1503年~1506年に描いた「岩窟の聖母」。

他にもフェルメールやモネ、ミケランジェロの絵が展示されています。

何時間でもいられるほど大きな美術館で、セインズベリー・ウイング、ウエスト・ウイング、ノース・ウイング、イースト・ウイングの4つに分かれているのが特徴です。

(建物内の作りもさすがイギリス!綺麗です。)

あまりの広さに私は何度迷ったことか(笑)

マップは1ポンド、音声ガイドは12.95ポンドで借りられるので、そちらを借りてみるのもお勧めです。

もちろん日本語にも対応していますよ!

名前The National Gallery
住所Trafalgar Square, London WC2N 5DN イギリス
電話番号+44 20 7747 2885
営業日毎日(金曜日以外) 10:00~18:00、金曜日 10:00~21:00
公式サイトナショナル・ギャラリー公式サイト(英語)

② ナショナル・ポートレート・ギャラリー

1856年に設立された、ナショナル・ギャラリーの別館の美術館です。

名前の通り、ポートレート (肖像画) を中心に扱っています。

イギリスの歴史上の著名人などの肖像画・彫刻・写真などジャンルも様々で、展示品の数は約1300点。

(エリザベス女王の肖像画もあります。)

ナショナル・ギャラリーより人が少なく、静かなので私はこちらの方が個人的に好きです。

よく彫刻をスケッチしている芸術家さん達を見かけますね。

ナショナル・ギャラリーより少し小さい建物で、周りは人で溢れかえっている為、始めていく場合は入り口が見つけにくいかもしれません。

トラファルガー広場の正面から、右にある坂を上ってすぐの場所にありますよ!

道なりに2~3分ほどで見つけられるはずです。

名前National Portrait Gallery
住所St. Martin’s Pl, London WC2H 0HE イギリス
電話番号+44 20 7306 0055
営業日月~水&土・日曜日 10:00~18:00、木・金曜日 10:00~21:00
公式サイトナショナル・ポートレート・ギャラリー公式サイト(英語)

③ テート・ブリテン

2001年に名前を新しくし、再開館した美術館です。

建物は、1897年に「ナショナル・ギャラリー・オブ・ブリティッシュ・アート」として建設されました。

1500年代から現代までの、イギリスの美術が展示されているのが特徴です。

テムズ川沿いにそびえ立つ美術館で、向かい側には「007」のジェームズ・ボンドで有名な秘密諜報機関MI6の建物があります。

とくに有名な作品は、ジョン・エヴァレット・ミレーが1852年に描いた「オフィーリア」など。

美術館を入ってすぐ、白を基調とした広間が現れ、全体的に落ち着いた雰囲気

観光で疲れた時、ぶらりと立ち寄ってみるのもオススメです。

名前Tate Britain
住所Millbank, Westminster, London SW1P 4RG イギリス
電話番号+44 20 7887 8888
営業日月~日曜日 10:00~18:00
公式サイトテート・ブリテン公式サイト(英語)

④ テート・モダン


2000年にバンクサイド発電所を改造し、新しく開館した美術館です。

他の有名な美術館とは違い、近代・現代美術コレクションを展示しています。

見た目は重々しいブロックの建物ですが、中はとても綺麗な新しい美術館です。

この美術館の魅力と言えば、10階にある無料展望台!

展望台で10階というと低く感じるかもしれませんが、眺めは最高なんです。

(こちらが実際の、ート・モダンからの景色。ロンドンでは珍しい晴天、綺麗な眺めです。)

特にテムズ川にかかるミレニウム・ブリッジと、その奥に見えるセント・ポール大聖堂は一見の価値あり✨

不思議な魅力を持つ近代アートばかりなので、15~19世紀などのアートに興味がない方や子供でも楽しめるはずです。

名前Tate Modern
住所Bankside, London SE1 9TG イギリス
電話番号+44 20 7887 8888
営業日月~木&日 10:00~18:00 金・土曜日 10:00~22:00
公式サイトテート・モダン公式サイト(英語)

⑤ ウォーレス・コレクション

1987年に設立され、1900年に一般公開された美術館です。

ポイントは何と言っても、本物の貴族の家を美術館にして現在もそのまま残されていること。

15世紀~19世紀の美術作品、18世紀のフランスの絵画、家具や装飾品・武器などが展示されています。

元々貴族の家なだけあって、建物自体が1つの展示物のよう。

(内装がとにかく豪華。こんな場所に住んでみたいです。)

壁や天井、照明に至るまで全てが豪華で目を奪われます。

実はあまり知られていない穴場の美術館で、アクセスも抜群

ボンドストリート近くの高級ショッピングモール・セルフリッジズから徒歩6分で行くことができます。

近くで買い物される場合は、ぜひ一緒に立ち寄ってみてくださいね!

名前The Wallace Collection
住所Hertford House, Manchester Square, Marylebone, London W1U 3BN イギリス
電話番号+44 20 7563 9500
営業日 月~日曜日 10:00~17:00
公式サイト ウォーレス・コレクション公式サイト(英語)

⑥ サーペンタイン・ギャラリー

参照:サーペンタイン・ギャラリーWikipedia

1970年に開館した、近代・現代アートの美術館です。

ロンドンを代表する公園であるハイド・パーク横の、キャサリン妃の住むケンジントン宮殿がある、ケンジントン・ガーデンズ内にあります。

公園内をぶらぶら歩いていると現れる、クラシックな可愛らしい建物です。

他の美術館に比べて大きさは小さめですが、中はとっても楽しいカラフルな美術品が並びます。

こちらもアートに詳しくない人や、子供でも楽しみやすいですよ♪

名前Serpentine Gallery
住所Kensington Gardens, London W2 3XA イギリス
電話番号+44 20 7402 6075
公式サイトサーペンタイン・ギャラリー公式サイト(英語)



イギリス・ロンドンの無料博物館を紹介!

⑦ 大英博物館

イギリスを代表する博物館と言えば、言わずと知れたこの博物館!

1759年に開館されました。

1日あっても全てを見ることはできない」と言われるほどの大きさで、800万以上の世界中の美術品・書籍・遺物などが飾られています。

またイギリス人には別名「泥棒博物館」と呼ばれているほど、略奪品が多いことでも有名です。

ここに行く際は、ある程度何が見たいのかを下調べしておくのがオススメ。

計画しておかないと、広すぎて周り切れないです…。現に私も、結局全て見ることは叶いませんでした。

私の二の舞にならないよう、ある程度見たいものを絞ってから訪れてくださいね!

(大英博物館といえばやっぱりミイラ。イギリスどれだけミイラ好きなんだよ!と突っ込みたくなるぐらい沢山あります。)

あまりこの博物館で時間をとれない…という方は、せめて本物のミイラだけでも見て帰ってください(笑)

名前British Museum
住所Great Russell St, Bloomsbury, London WC1B 3DG イギリス
電話番号+44 20 7323 8299
営業日月~木曜日&土・日曜日 10:00~17:30 金曜日 10:00~20:30
公式サイト大英博物館公式サイト(英語)

⑧ ヴィクトリア&アルバート博物館

1852年に産業博物館として開館し、1899年に改称、1909年に今の博物館が作られました。

現代美術・古美術・デザインなど、400万点のコレクションが展示されており、何時間居ても飽きません。

私はロンドンの数ある美術館・博物館の中で、このV&Aが一番好きです。

1700年代から1800年代の貴族のドレスなどがたくさん飾られていて、目を奪われますよ。

ファッション好きならぜひ一度立ち寄ってみてください♪

美しいガラス細工や食器類にも注目です!

名前Victoria and Albert Museum
住所Cromwell Rd, Knightsbridge, London SW7 2RL イギリス
電話番号+44 20 7942 2000
営業日月~木曜日&土・日曜日 10:00~17:45 金曜日 10:00~22:00
公式サイトヴィクトリア&アルバート博物館公式サイト(英語)

⑨ ロンドン自然史博物館

1881に建設された、ヴィクトリア&アルバート博物館の隣に建つ博物館です。

自然史系の博物館としては世界でもトップクラスで、恐竜の化石などをはじめとする様々なものが展示されています。

入り口には大きな恐竜の化石が展示されており、迫力満点

子供は大興奮なのではないでしょうか。

(惑星の中を通り抜けるみたいな?)

またその後ろにある、惑星を通り抜けるエスカレーターもアトラクションのようで面白いです!

私は2回も無駄に上り下りしちゃいました(笑)

名前Natural History Museum
住所Cromwell Rd, Kensington, London SW7 5BD イギリス
電話番号+44 20 7942 5000
営業日月~日曜日 10:00~17:50
公式サイトロンドン自然史博物館公式サイト(英語)

⑩ 国立海洋博物館

世界の時間を決めている本初子午線があることでも有名な、ロンドン・グリニッジ

そのグリニッジの世界遺産指定地区にある、1937年に開館した博物館です。

その名の通り海事系の展示物が飾られており、船の模型やイギリス海軍の歴史、更にタイタニック号やキャプテン・クックなどのコレクションまで。

世界でも最大級の海事系博物館です。

ロンドンの中心地からは少し離れているのですが、ぜひ訪れてみてください!

オススメは、エンバンクメント・ピアなどからテムズ川を走る水上バスに乗っていくこと。

1時間ほどで、ビックベンやタワーブリッジを眺めながら行くことができますよ!

名前National Maritime Museum
住所Park Row, London SE10 9NF イギリス
電話番号+44 20 8858 4422
営業日月~日曜日 10:00~17:00
公式サイト国立海洋博物館公式サイト(英語)

まとめ

今回は「イギリス・ロンドンの無料の美術館と博物館」分けてご紹介いたしました。

こんなに沢山あるのに、全て無料なんてビックリですよね!

私もお金がなかった留学生時代、何度もお世話になりました(笑)

ロンドンアート巡りをするのも楽しいですよ!

それでは皆さん、イギリス・ロンドンで素敵な旅を♪